ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
映画が公開される1週間程前に『アキレスと亀』の‘完成披露試写会’を見学する機会があった。そこでゲストで登壇した北野武監督は「芸術や才能が評価される・されないよりも、芸術を追い求めることができる状況こそが、大切であり幸福なのではないか(日本という国に生まれたからこそ絵画や映画の道を追求することができるわけであって、これがアフリカの貧しい国だったらそうはいかない)」みたいなことを、武の付き人であるゾマホンのこと(アフリカと日本の経済的・文化的な格差)を引き合いに出しつつ語っていた。
まさか武からそんなストレート過ぎる発言があるとは思っていなかったので驚きつつも感動した。(試写会翌日のスポーツ新聞やワイドショーで紹介されていたのはその部分ではなくて「股の下のポニョ」とか「モナのせいで事務所が倒産寸前」ってとこだったけど。)

「オレたち、もう終わっちゃったのかなあ…」「バカやろう、まだ始まってもいねえよ」
というのは、『キッズ・リターン』のラストを締めくくる名台詞であり、自分にとって長年支えにしていた言葉であった。青春、仕事、友情、恋愛、貯金、etc。どれもこれも中途半端なまんまで自然消滅していくことが多いなかで、常に「まだ始まってもいない」という強がりだけが支えだった20代。そして三十路までいよいよ半年となり、相変わらず悩みは尽きない、というかむしろ増えている今日この頃、『アキレスと亀』に新しいヒントやエネルギーが隠されているのではないか、と勝手に思っていた。

そんなわけで公開初日に映画館へ。

ハッキリ言って、自分のあまりにも膨らみ過ぎた期待に応えてくれるような作品ではなかった。全北野武作品のなかでも6,7番目位の出来だと思う。正直ガッカリ感が無かったわけでもない。え!?これが北野作品?というような感覚に陥る場面もあった。『TAKESHIS』(これは凄く好きだけど)や『監督・ばんざい!』と地続きのようなスラップスティックぶりも、非常に微妙だった。最初のアニメーションと途中に挟み込まれるテロップは必要なかったと思う。
が、それでもあのラストシーン。ひねりも、衝撃も無い、むしろ予想通りのベタな展開のあのラストに思いのほか感動してしまったのは、それが「北野武」の映画だったからだと思う。

マック行って、新宿(or渋谷)行って、映画見て、タワレコ行って、吉野家行って、本屋行って、友達と飲みに行って…。
大学を卒業して以来、そんな同じような休日を繰り返し過ごし続けて、もう8年くらいになる。いったいいつまでこんなこと続けていくんだろう。更に8年後、40歳目前になっても、似たような休日を過ごしているのだろうか、だったらヤバイなあ、と最近つくづく思う。
でもその「ヤバイなあ」と思いながらも、そういう生活を「することができる」こと自体が、おんなじことを延々とやり続けることができる平凡な現実こそが、実は凄くシアワセなことなのだよなあ、と今こうしてブログを書きながら、『アキレスと亀』のことを考えていたら実感した。
なんだかんだいっても数年後には『アキレスと亀』が自分の中でとても大切な映画になっているのかもしれない。

そんなわけできっと来週も似たような休日を過ごすのだろう。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-09-21 23:03 | MOVIE

期待度NO1

まず間違いなく、今年公開される映画で期待度NO1。
いよいよ明後日『アキレスと亀』が公開される。
ここんところどうにもユーウツな気分が続いているのは、この映画を見て思いっきり感動するための自己演出なのかもしれない。

映画を見ていなくてもこれだけドキドキさせてくれたのだから、それだけで今年のマイトップ10のランクインは決定。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-09-18 23:58 | MOVIE

違うか!

ユーウツだ。多分2年ぶりくらいに凄いユーウツだ。
ユーウツなときこそ笑いたい。笑うべき。ということで。

久々に早く帰ってきたので、久々に「爆笑レッドカーペット」を‘真剣に’見た。

この番組の特徴の一つが安易にポンポン与えられる‘満点大笑い’だったと思うのだけど、本日の審査員のひとり、本庄まなみがやけに辛口で、なかなか「満点」を出さなかったために(というか他の審査員が甘すぎで満点を連発し過ぎ)、全員満点の‘満点大笑い’になるケースが少なかった。本庄まなみ、個人的に好感度アップ。

同じく本日の審査員のひとり、西川史子。‘西川史子’としてのキャラを完全に封印し、あくまでファン目線でお気に入りの芸人の素晴らしさを熱く語るセンセイ。これまた好感大だった。これでジョイマンとかハイキングウォーキング(これら2組に対してはオレは一生クスリともしないと思う)を絶賛していたら話は別だけど、「磁石」と「ものいい」というチョイスがまた最高だった。

あと改めて書くのも非常に恥ずかしいものがあるけれどやっぱりオードリーは面白い。

ジョイマンのボケと小島よしおの芸風・キャラが若干似ているような印象があるが、やっていることの次元は全く違う。小島よしおはこの先も断固支持し続けたい。彼はホンモノだと思う。

ああ、もうすぐ「あらびき団」が始まる。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-09-17 23:49 | DAYS
まさかウチの親父はこのブログを読んでいるのでしょうか。

前回の日記に「オヤジと二人でゆっくり喋ったのっていつが最後だったっけなあ、二人っきりでメシ食うことってこの先あるのかなあ、あったらいいなあ、と思った。」と書いて数日後、突然父親から「今度の週末久々にメシでもどうだ?」と連絡があった。いろいろ予定あったので低調に、もとい、丁重にお断りしたけれど。

お父さん(ついでにお母さんも)、万が一このブログで息子の動向をチェック、なんて愚かな事を企てているのだとしたら即刻止めたほうがいいっすよ。たとえばオレは今日、知人にもらったエロビデオ4本を未開封のまま「DRAMA高円寺北口店」に売りにいって、4本でわずか300円でがっくりしたのだけど、息子の‘そんな日常’知りたくないでしょ。

それはさておき。

たいして期待していなかった『デトロイト・メタル・シティ』を見に行った。

この映画、ヒット作連発の‘東宝系作品’としては今年(一部のアニメを除いて)唯一の「テレビ局が出資していない映画」であった。つまりは「花男」とか「20世紀少年」に比べると断然後ろ盾が少なく、その一方で、ミニシアター映画ではなく全国チェーンの映画で「ファック!」「レイプ!」「殺す!」といった台詞が連発されるのも稀なことで云々…というような分析はマスコミに任せりゃいいわけで、普通のお客さんにとっては全く関係のないことである。

で、‘普通のお客さん’目線で見たのだけど、イマイチだった。

なんか映画を見ているというよりはテレビのバラエティ番組の中のドラマコーナーを見ているような、そんな感覚。原作漫画を読んだ事がないからかもしれないけど、「根岸君がクラウザーさんになったきっかけ(何故あんなに嫌がっているデスメタルバンドのフロントマンになることを引き受けたのか、引き受けざるを得なかったのか)」が全く描かれてなくて、それってあまりにもあんまりなのではないか。などなど言いたいことは多々あるのだけど、きっとそのうち映画秘宝の‘日本映画縛り首’のコーナーでメッタ切りされるだろうから文句は割愛。

お口直しに「イントゥ・ザ・ワイルド」か「闇の子供たち」か「百万円と苦虫女」を見に行こうかと思ったのだが、どれも時間があわず断念。残念。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-09-13 23:57 | MOVIE
オダギリジョー&原田芳雄演ずる父子が、息子のお見合い話(相手は麻生久美子!)を発端に、ホントの幸せとは何かを悩みながら右往左往する映画「たみおのしあわせ」。だいぶ前から凄く見たかったのだけど、なんやかんやで‘温存’しているうちに、ふと「ぴあ」を見たら今週で上映終了。今日を逃すと最後。っつうことで、ほぼ徹夜明けで途中で眠ってしまうのを覚悟しつつシネマート新宿へ。

シネマート新宿、初めて見に行ったがむちゃくちゃ醜い、もとい、見にくい。狭いなら狭いなりの工夫ってもんがあると思うのだけどなあ。で、案の定、中盤少しウトウトしてしまった。が、少なくとも起きていた(見ていた)部分はおもしろかった。

父親と30歳過ぎの息子が、サシで飯を食いながら取り留めのない会話をする。

その、‘父とイイ歳した息子が二人で地味に朝メシ’というシチュエーション自体が、スクリーンに映ると新鮮で、最近観た映画では味わったことのない気分になった。映画を見ながら、ああ、オヤジと二人でゆっくり喋ったのっていつが最後だったっけなあ、二人っきりでメシ食うことってこの先あるのかなあ、あったらいいなあ、と思った。

とことで、ある時期オレは、飲み会で酔っ払う度に「バンドするよりも小説書くよりも映画撮るよりも何よりも、結婚したり子供育てたりすることのほうがクリエイティブなことで、究極の芸術なのではないか!?」とか言って周りの人を困惑させていた。

「たみおのしあわせ」を見て、久々にそんな自分の暴論を思い出した。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-09-07 21:32 | MOVIE

復活

→のブログ紹介に「映画や音楽やお笑い芸人や・・・」と書いている割に、‘お笑い’系のネタをほとんど書いていないこの日記ですが、昨晩のTBS「あらびき団」について。

「巨乳まんだら王国」が出ていてビックリした。

彼等は‘お笑い芸人’というよりは‘ミュージシャン’だと思うのだけど、3年ぶりくらいにテレビで目撃した。ちなみに3年前に観たのは、フジテレビ中野美奈子アナの伝説のチャイナ服とエロトークがお馴染みだった某番組で、初めて彼らを観たときの衝撃は未だに覚えている。

そしてその放送の数ヶ月後に、当時バンド活動をしていた自分がよく通っていた新宿の楽器屋に、あまたのアマチュアバンドに混じって「ドラム脱退につきメンバー急募」という張り紙を「巨まん(この略称が正しいのかどうかは不明)」が出していたことにも驚いた。思わず応募しそうになった。その日のことも何故かよく覚えている。

あれから約3年。

再び深夜番組で彼等の姿を見たときの感動、というか驚き。

それを何となく、さかのぼれば約3年くらい前に始まったこのブログに記しておこうと思ったのでした。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-09-05 00:29 | DAYS
見に行ったのは1週間以上前なのだけど、とりあえず『ダークナイト』のことを。

‘バットマンシリーズ’は今まで1本も観たこと無かったし、ヒース・レジャー死去の報にも特に思うことは何も無いのだけれど、あの『タイタニック』に次いでアメリカ史上歴代2位の興行収入、しかも中身も評価が高くてオスカーにノミネートされるかも、なんて聞くと、そりゃあ見ないわけにもいかず。

で、ものすごく面白かった。「インディ・ジョーンズ4」の3倍は面白い。あのまんまあと1時間続いても良かったと思う(物足りないという意味ではなくて)。ちなみに何故ここで「インディ」を引き合いに出すかというと、同じ‘ハリウッド超大作’ということで。

それにしても日本ではこの傑作の観客動員数が「花より男子ファイナル」の3分の1にも満たないらしく、そんな国で‘映画ファン’を自称したり、‘映画のシゴトをしている’なんてことは、非常に恥ずかしい思いがする。と書いたけど、いま自分の文章読み返したら、そんな考え方自体こそが恥ずかしいのかもな、と思った。

んなことより燃え尽き症候群から未だ脱けられず。九月なのに。

メールの返事を返せていない皆さんスンマセン。気持ちと脳みそと携帯電話が噛み合わないのですわ。とりあえず元気ですので。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-09-01 23:14 | MOVIE
仕事(ポニョの宣伝)もプライベート(ライジングサンにまつわる諸々)も、燃え尽き症候群というか、祭りのあとというか、終わってしまって何だか切ないやら寂しいやら虚しいやらで、まあポニョの宣伝は実はこれからが勝負なのだけど、‘一区切り’ついてしまった感も否めず。それでもそんなことをいってる間にも毎日は過ぎていくわけで、とりあえず最近観た映画の感想。

『77BOADRUM』@シアターN渋谷
77人で77台のドラムを同時に演奏する、という日本のバンド、ボアダムスが企画してニューヨークで行われたライブイベントを追ったドキュメンタリー。ツインドラムならぬ‘77ドラム’というアイデアとその演奏風景は確かにぶっ飛んでいたけれど、カメラワークだとか構成だとか、‘ドキュメタリー映画’として見ると、なんだかしょぼかった感も有り。
「ライブ」としては最高だったのだろうけれど「映画」としては最低だった。いや、ちょっと言い過ぎました。ほとんど寝てしまったのであんまり覚えていない。そんな映画。

『片腕マシンガール』@同じくシアターN渋谷
弟の仇を討つために、片腕をもがれながらも、その腕にマシンガンを施しながらヤクザ一家に復讐を企てる女子高生のハナシ。
なんて説明するよりも、一言で言えば「日本版キルビル」。去年の『グラインドハウス』で「デス・プルーフ」と伴映されるべきは、「プラネット・テラー」ではなくて、こっちだったのではなかろうか、というような傑作。大林宣彦も何故か絶賛。血みどろ、残虐描写、復讐、なんてことばかりがクローズアップされているようですが、確かにそういうポイントは近年の日本映画の中でも断トツに弾けていると思いますが、ストーリーのテンポの良さと主人公の女の子の熱演(なんとなく井上真央に似てる)こそがこの映画の肝なのではないかと思った。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-08-26 23:20 | MOVIE
気がつけばライジングサンが終わってから1週間が過ぎてしまった。この1週間は凄く早かったような、長かったような、不思議な時間だった。いつまでも余韻に浸っているわけにもいかんので、今度こそ最後。

「ミスチルと銀杏BOYZのどっちを見るか」という選択を迫られたとき、迷わず銀杏を選ぶのが‘元気な男子’のツトメだいうことに異論はございません。男子たるもの銀杏のライブで踊り叫び狂ってナンボだろう、と。これがもし、被っているのがミスチルじゃなかったなら、自分もそうしたと思う。
できることなら、ライジングサンであの日の銀杏のライブを堪能した人たち皆に、オレが毎日峯田ブログをチェックし、カラオケに行けば「若者たち」を熱唱し、真夜中に部屋の電気を消して酔っ払いながら「人間」を聞いてしばしば震えている、という事実、そして断腸の想いで銀杏を断念しミスチルに臨んだということを力説して回りたい。

が、結局ここはお世話になっている‘濃さ’よりも‘期間の長さ’でミスチルを選んだ。ましてライジングサンというフェスのカラーとラインナップを考えると、多分ミスチルはアウェーだったわけで(コアなファンよりも「とりあえず見ておくか、ミスチルだし」という微妙なテンションの観客の方が多かったのではないでしょうか)、そんなミスチルもそれはそれで貴重ではないか、と。

そしてミスチルのライブは素晴らしかった。やれば一瞬にして盛り上がること必至なのに「Tomorrow never knows」とか「名もなき詩」みたいな90年代のメガヒットナンバーは一切無し。フェスなので曲数限られているにも関わらずカップリング曲や新曲を連打。そんな姿勢がロックであった、というのは褒めすぎでしょうか。最後に演奏された「GIFT」は、この夏オリンピックと共にNHK経由で日本中のお茶の間に垂れ流されまくっているわけですが、北海道の空の下、ムチャクチャ綺麗な夕暮れをバックに聞くと、全く違う曲に聞こえた。はやいハナシが、感動した。

エゴラッピンと椎名林檎のライブも凄く良かった。
ライブが始まる前のイメージ(期待度)と、始まったあとのギャップでいくとエゴラッピンが断トツで一番だった。今までスルーしていた自分が情けない。

椎名林檎は、もう素晴らしすぎてこれまた謝りたくなる。同じ歳でスミマセンと。
まるでオレのためにセレクトしてくれたかのような選曲だったのがまた感動だったのだけど、同じことを思った人はおそらく300人くらいいたことでしょう。

とりあえずキリが無いので以上。健康万歳。音楽万歳。晴天万歳。

なんだか仕事もプライベートもここへきてイッキに燃え尽きてしまった感がある。
いかんなあ、コレでは。清原和博に負けないように明日からも一日一日を大切にしていこう。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-08-24 22:37 | MUSIC
というわけで、フェスが終わって1週間近く経過して、こうして感想を綴ることに多少面倒くささも感じ初めつつ、やっぱり書いておきたい気持ちも否定できず(どっちやねん)、何よりも書かんことには‘次’に進めない気がするので、ライジングサンロックフェスティバル、その他の感想モロモロ。

【くるり】 2日半のフェスのメインステージでトップバッターを飾ったくるり。その1曲目の「ワンダーフォーゲル」というタイトルをVo岸田氏が告げた瞬間。あと最後の曲、「東京」のイントロが鳴った瞬間。予想外の選曲で驚かされる喜びもイイけれど、期待していた曲が、期待通りのタイミングで演奏される瞬間の興奮も格別。音楽はイントロが鳴ったほんの数秒間だけで人を感動させることができるけど、映画だとそういうわけにはいかない。やっぱ音楽はすげえなあ。なんてことを聞きながら考え…る余裕はもちろんなかったが、いま振り返ってふとそんなこと思った。

【電気グルーヴ】 まともに見たのは今回が初めてだったが圧巻だった。格が違う。これぞプロ、と思った。他のアーティストについてはいくらでもダラダラと感想を書こうと思えば書けるし、いろいろ書きたいバンドもたくさんいるけれど、電気グルーヴの場合は書こうとすればするほど、どんどんライブの素晴らしさから離れていってしまう気がする。
なんて書いているうちに数行書いてしまった。もうやめよう。

【MR CHILDRENと銀杏BOYZ】 100組以上が出演するこのフェスのなかで、どちらも五本の指に入るくらい見たかったバンド。が、別ステージで出演時間が被っていたので、ちょこっとづつならともかく、両方を最初から最後まで完全に観ることは不可能。こんなにもカラダが二つあったらいいのに、と思ったことはここ数年記憶に無い。

う~ん、また長くなりそうだ。なので続きは次回。読んでくれてる人ありがとうございます。。。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2008-08-22 00:28 | MUSIC