ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ありあまる富

公私共に何だか切ない、やりきれない出来事が続き、二か月半振りに煙草を自分で買って吸ってしまった。男女交際同様に、禁煙も「三日、三週間、三か月」が鬼門だ。

宮本輝の「流転の海」を読んだ。すげえ面白かった。

その「流転の海」を読んだきっかけは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の取材で中村監督がオススメ本として挙げていたからで、その中村監督の最新作『ゴールデンスランバー』をまたまた宣伝担当させて頂くことになった。現在オール仙台ロケで撮影中。というわけで、最近は週1ペースで仙台に通っている。仙台に行くと、学生時代に東京から札幌までチャリで行ったときに、仙台駅で野宿したことを思い出す。

ようやく「流転の海」を読み終わったので、ようやく村上春樹の「1Q84」にとりかかる。とりあえず「book1」まで読んだ。さすが、新しいようで集大成のようで、とりあえず理屈抜きでとにかく面白い。個人的には39ページの16行目~18行目の言葉だけで、定価の1800円の2倍くらいの価値と意味があった。


椎名林檎の‘椎名林檎名義で6年ぶりのアルバム’「三文ゴシップ」が遂に発売された。のだけど、ようやく今日買ったのでまだ全然聞けていない。で最近は、先行シングル(のようだけどアルバム未収録の)「ありあまる冨」ばっかり聞いている。

ソロ椎名林檎といえば「幸福論」「歌舞伎町の女王」「ここでキスして」「本能」「ギブス」など代表曲は全部そうだが、ひたすら歌詞中で「アタシ(わたし)」が連呼されていたのだけども、「ありあまる冨」には歌詞に「アタシ」も「私」も「僕」も一切無い。「僕ら」という言葉は数回登場するが、「アタシ」や「僕」の代わりに、何度も「君」という言葉が繰り返されている。
30歳になるっつうのはそういうことなのかなあ、と同い年として、デビューから追っかけ続けている身として、しみじみ思う。

なんてことを思いながら歌舞伎町の近くを歩いていたら、数年前にすげえ好きだった子と、数年振りにすれ違った。なんつうか「大人な女性メイク」をしていて、ちょっとびっくりした。が、自分が30歳っつうことは、向こうもそれ相応の年齢なんだもんなあ、とやっぱりしみじみした。

話は戻りますが「三文ゴシップ」には「労働者」という曲が収録されているのだけど、この歌詞には30歳の社会人男女なら聞き流せない言葉の数々があると思います。

明日も仙台。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-06-27 00:40 | MUSIC

失われた週末

久々に歌舞伎町に行ったら新宿ジョイシネマがつぶれていた。愕然とした。
ようやくパソコンを買ったのでi-podのデータを移し替えようとしたら数百曲分のデータが全部消えてしまった。またまた愕然とした。「取り返しのつかない過ち」をしてしまった気分。数時間前の出来事だがまだ立ち直れていない。

この週末は仕事をしているんだか休みなんだかよく分らない2日間だった。

二か月前に「クローズZERO2」の前売りを買ったはいいものの未だに見に行っていなくて、ホントは「マン・オン・ワイヤー」か「おとなり」か「レスラー」のほうが見たかったのだけど、今日を逃すと前売り券が無駄になるので、テンション低めで「クローズZERO2」を見に行った。そしたら前売り券が無くても「TOHOシネマズサービスデー」とかで1000円均一だったらしく、さらにテンションが低くなった。

映画の方はというと、三浦春馬が凄くカッコよかった。30歳のオトコからみてもそう思ってしまうのだから、30歳の女性からしたらいったいどんな感覚になるのだろう、と思った。
そして帰り道、堀北真希(の駅にあるドコモの看板)を見てその可愛さに目を奪われ、ああ、(30オンナが三浦春馬を見て思うのは)こんな感覚に近いのかもしれんなあ、と思った。

そんなこんなで何だか煮え切らない週末でした。
今週は先週よりもイイ一週間でありますように。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-06-14 22:01

7年振りに

前回の日記を書いた数日後、YOSHIKIの自伝「YOSHIKI/佳樹」が発売された。
更にその数日後、同じ週に村上春樹の久々の新作「1Q84」が発売された。
これは自分にとっては「盆と正月が同時に来た」くらいに凄いことだった。
が、あれから2週間を経て、両方とも買ったけどまだ1ページも読んでいない。
それ以前に、GW明けくらいから読み始めている宮本輝の「流転の海」が読み終わっていない。というか、ここんところそもそも本をゆっくり読む時間自体が無かった。

とりあえずこの二ヶ月ほど1日も休みが無く働いているのは事実。でもそれを忙しいとは言わない。なぜならブログで忙しさをアピールするのほどダサいことはないので。(ってこう書いている時点で、そう言っちゃってることになるのかな。)

ある日、偶然見たテレビのトーク番組で瑛太が「この2年間休みが無い」と言っていた。(‘忙しい’とは言ってなかった。)‘打倒瑛太’を掲げる僕なので、二ヶ月休みが無いくらいたいしたことないぜ!と思っていたら、その数日後、瑛太さんが過労で倒れられました。
倒れない程度にがんばろうと思う。

前回の日記で書いた映画「ハゲタカ」ですが、おかげさまでこのあいだの土曜日から公開され、宣伝担当者として恥ずかしくない程度のヒットになりそうです。見に行ってくれた方、ありがとう。
ちなみに「水木雄太宣伝作品最新作!」は「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」という作品です。なんとなくミズキユウタの仕事模様を気にかけてくれている友人・知人たち、こちらもどうぞ宜しくです。

ここんところ、推測や妄想や不安ではなく、事実としてこのブログを我が肉親や仕事関係者が読んでいることを証明する発言が幾つか目撃されています。
それはそれで動揺は隠せない自分ですが、ここはひとつ「肉を切らせて骨を・・・」というか、「ええい、どうせならオールオアナッシングだ!」というか、逆転の発想でこのブログの存在を知らなかった会社の同僚、仕事関係の何人かに敢えて更に「ブログやってます!見てね!」と言ってみました。
やっぱこうやって「ブログ」っていう場で書いている以上は、肉親だろうが会社の人だろうが、一人でも多くの人に読んでもらいたくて書いているのでね。
「ブログ書いていることを秘密にしたい」「特定の人にだけにしかブログやってることを言わない」なんて人はミクシィやるか、テメエの日記帳に書けばいいのに、と思う。

なんてエラそうなことを言っている自分ですが、
そうはいってもアノことや例の件についてはミクシィに書いていこうと思う次第です。

話は変わりますが、
エレファントカシマシ「昇れる太陽」、曽我部恵一BAND「ハピネス!」
ともに相当に期待はしていたけれど、その期待以上に素晴らしい。

各々の前作「STARTING OVER」「キラキラ!」も、
新鮮さと興奮が未だに消えないまま今も聞いているだけに、「もうちょっと待ってよ」というのが正直なところだが、そうはいってもソカバンの「永い夜」などを聞くと、
ほんとにもう、まだまだ音楽は、ロックは、人生は、捨てたもんじゃないなあ、
と思って、また明日もがんばろうという気になる。
久々に曲を聴いて泣いた。

このアルバム2枚で、当分CDは買わなくて良さそうだ。
と思ったのもつかの間、昨日はくるりの「魂のゆくえ」を買った。そして近々今度は椎名林檎の新作が出る。

今日は今年初めて定時に仕事を終えて、早々に帰宅。
昨日ついに7年振りに新しいパソコンを買ったのでセッティングをするつもりだったのだけど、「まずその前に部屋の片づけを!」と思って片付けを始めたら、それだけで数時間過ぎてしまいました。
なので今日はセッティングは諦めた。

そしてPCセッティングの代わりに、同僚に借りた漫画「ソラニン」を読んだ。
これまた泣いた。人間疲れが溜まると涙腺がゆるくなりますね。
やっぱバンドがしたいなあ、と思った。

「バンドがしたい」と思いながらバンドができないことよりも、
いつか「バンドがしたい」という気持ち自体が消えてしまうことのほうが、悲しいし、怖い。「いつか映画撮りたい」「いつか小説書きたい」「いつか結婚したい」も、然り。

バンドといえば、このあいだ信じられない人から「バンドやろうぜ」と誘われた。
それが酒の場の冗談にせよ、実現の可能性が低いにせよ、
あの瞬間だけでこの先しばらく生きていけるなあ、と思った。

というわけで、7年間付き合ったパソコンで書く日記は多分これが最後。
そういえば村上春樹の新作も7年振り。そんな些細なことにも‘意味’を感じる、感じたいのが村上ファン。(‘ハルキスト’とは言いたくない。)

追伸 妹よ、誕生日おめでとう。
先日「誕生日にバースデーメールを携帯で送るの反対運動」の会長に就任してしまったので、メールできませんでした。なので代わりにココで言っておきます。おめでとう。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-06-11 00:03 | DAYS