ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

こんなに仕事の空きがあるってのはいいもんだな、とおれは思った。でも同時に心配もした―――きっとおれたち、なんか競争をさせられるんだ。適者生存だ。アメリカにはいつも、職探しをする人々がいる。使える体は、いつでも、いくらでもいる。そしておれは作家になりたいんだ。ほとんどすべての人間は作家だ。歯医者や自動車の修理工になれるだろうなんて、全員が思いやしない。でも、自分は作家になれるとはみんな知っている。この部屋の五十人の男のなかでたぶん十五人が、おれは作家だと思ってることだろう。ほとんどすべての人間が言葉を使い、それを紙に書くことができる。つまり、ほぼ全員が作家になれるってわけだ。しかし幸運なことに、ほとんどの人間は、不幸なことに何者でもない。
(以上、チャールズ・ブコウスキー「勝手に生きろ!」より抜粋)

っつうことで、2年前の夏に『酔いどれ詩人になるまえに』という映画が公開されたときに買った、その映画の原作「勝手に生きろ!」を、いまさら読みました。

買ったはいいものの、読まずにホッタラカシで行方不明になってたその文庫本が、たまたま去年の秋の引っ越しの拍子に出てきて、「これは読まねば」と思って通勤用のカバンに入れながら、その間「ゴールデンスランバー」読んだり「漫画ブーム」が訪れたりして、またしてもホッタラカシになっていたのだけど、一ヶ月くらい前からチョビチョビ読み始めて、ようやく読了。

物語全体が全部で90個ぐらいの短いパートに分かれているので、通勤中のちょっとした時間に読むのに凄く合っていた。そして何よりも、「社会」「労働」に対して馴染むことができずに職を転々とする20才の作家志望の酒呑みが主人公、っつうのが満員電車に揺られて会社を行き来するシチュエーションで読むのに何よりもハマる。

それにしてもミクシィと違ってブログだと青臭いことをダラダラと垂れ流して書いてしまうのはナゼでしょうね。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-29 22:37 | BOOKS

漫画「モテキ」について

このあいだアッキー(友人。吉沢明歩では無い)がオススメしていた漫画「モテキ」。
その直球ど真ん中なタイトルがアタマの片隅に残って気になっていた矢先、愛読しているモバイルブロスの「真実一郎コラム」で、真実さんが「モテキ」を絶賛していたので、慌てて購入。

漫画「モテキ」とは…
「『モテキ』の主人公である藤本は、恋愛経験ゼロで派遣社員で眼鏡でブロガーの29歳。貯金も夢もなければ彼女もいない、そんな漆黒の20代を終えようとしていたある日、知り合いの女性たちから次々に連絡がくる。モテ期の到来だ。」(以上、真実さんのコラムより勝手に抜粋)。

と言っても、モテてモテてヤリまくるイケイケ漫画ではなく、むしろその逆。
色んな女の子から連絡が来て‘デート’をしているにもかかわらず、三十路目前ゆえ、もはや恋愛への(つーか‘彼女’という存在への)諦念と憧れがゴチャ混ぜになって発酵して収拾つかなくなっている29歳が、‘男子’から‘男性’へと成長(堕落)していくサマを、情けなく、醜く、そして美しく描いた漫画(たぶん)。

この主人公のモデルはまるでオレだ!

と思ってしまう30歳前後の「男子」はきっと自分だけではなく大勢いることでしょう。

こうして熱く語っている俺自身、別に‘恋愛経験ゼロ’ではないし、‘突然知り合いの女性たちから次々に連絡がくる’ような状況に陥ったことはいまだかつて無いけれども、漫画の中で描かれるエピソードの一つ一つが、ことごとくストライク。
更に、単なる男目線の「誰もが経験してきた苦い思い出(あるあるネタ)」に留まらず、登場する女の子によるダメ男の分析、女の子側の心理描写が秀逸。(なぜなら原作者が女性だから!単行本の「あとがき」で初めてそれを知って衝撃。)そんな点もこの漫画が凡百の‘草食系男子漫画’(そんなものは一冊も読んだことはありませんが)と一線を画する理由かもしれません。

もし今、ハタチの悶々としている自分に何かしら漫画と映画を勧めるならば、この「モテキ」と映画『童貞をプロデュース』を、「必ず読め、見ろ!」と力説したい。それによって20代後半の「恋愛経験」はだいぶ違ったもんになっている気がする。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-28 01:11 | BOOKS

4月18日~25日

この1週間のこと。

4月18日(土)
仕事に行くか、休みにしようかさんざん迷った挙句、休日に。今更誰かと約束するのも面倒なので、っつうか当日に誰かを誘うような気分でもなく、とりあえずアテもなく渋谷へ。18時。
特に映画を観るつもりはなかったのだけど、何となくシネセゾン渋谷の前で一人で佇んでいたら、カップルに話しかけられた。曰く、この日から公開となった「スラムドッグ$ミリオネア」の前売券を買って劇場に来たものの、18時の回が満席で観られず、「前売り券がムダになってしまいそうなので、1,500円の前売り券1枚を1000円で買い取ってくれませんか?」とのこと。土曜の夜に一人で映画館の前でボケッとしている俺の姿から「コイツならきっといずれ「スラムドッグ~」を観にいくだろう」と判断がなされた模様。
前売券だから他の日でも使えるだろうに、と思いながらも、まあこれもなんかの縁かなあ、と思って、その地味なカップルから前売りを1000円で購入。そしてせっかくなので、直ぐにその日のレイトショーを観ることにする。映画の満足度は、多分今年の(マイ)年間トップ10洋画部門の6位か7位くらいに入りそうな出来。久々に「トレインスポッティング」を観たくなった。


4月19日(日)
さいたまスーパーアリーナにMR.CHILDRENのライブを観にいく。
「車の中でかくれてキスをしよう」という15年以上前の曲を演奏した直後に、現時点での一応最新シングルである「HANABI」を演奏する、という流れがあり、まるでその2曲が同じアルバムに収録されていても全く不思議ではないような繋がり方だった。見事だった。

4月20日(月)~24日(金)
仕事。なんだかだんだんまた忙しくなってきた。
そんななか、久々に飲み会に。その飲み会の場に居た人はきっとこのブログを読んでいないだろうから言ってしまいますけど、俺は別に酔っ払ってあんなテンションだったわけではないですよ。いつもあんなテンションでいたいのだけど、それだと‘困った奴’になってしまうので、敢えて‘酒の勢い’を借りたフリをしていたんですわ。

とここまで自分で書いて、こんなことを言ってる、書いてる奴とはゼッテエ一緒に酒を飲みたくないなあ、と我ながら思ってしまった。でも書いてしまったもんはしょうがない。

4月2×日
伊坂幸太郎「ゴールデンスランバー」読了。
面白かった。‘ページをめくる手が止まらない’というのはまさにこのことだと思う。ところで、伊坂作品を読んでいるときの‘楽しさ’と、村上春樹や古川日出男の作品を読んでいるときの‘楽しさ’はタイプが違う。伊坂作品の場合は「何が起こるのか」に期待して読んでいる。村上作品、古川作品の場合は「どう描かれているのか」に期待して読んでいる。

4月25日(土)
当時29歳の村上春樹が4月のある日、神宮球場でヤクルト戦を見ていたときに、突然「小説を書いてみよう」と閃いてデビュー作「風の歌を聴け」を書きはじめたのは有名な話だ。

今日、新宿パルコに漫画「モテキ」(コノ漫画については、400字くらい書きたいことがある。ので、気が変わらなければ後日ゆっくりと語りたい。もとい、書きたい。
アッキー、教えてくれてありがとう。たまたま最近別の所でも熱烈にコノ漫画が推薦されているのを目にして、これは何かの啓示かと思って読むことにしました)を買いに行った際、5Fのトイレでクソをしているときに「明日から小説書こうかな」と閃いた。

実際、そんな「閃き」は毎年3~4回訪れる。それが4~5年は続いている。そしてその閃きが「行動」に結びついた跡は無い。学生時代に書き始めた「水木雄太処女作、未完の自伝的長編小説」は、このパソコンのデスクトップに保存したまま、数年間全く更新されていない。
が、村上春樹が「29歳の春、神宮球場で野球を見ながら」だったのなら、水木雄太は「30歳の春、新宿パルコでクソをしながら」でもいいのではないかと思う。そしてこんなブログを書いている限り、相変わらず単なる‘閃き’のまま、デスクトップのソレが更新されることはないだろうと思う。つーか、ソレに手を出すのが怖くて、ブログを書いているのかもしれない。

はやく「ブログ書くことに全く関心が無い人種」になりたい。
そのために、もうしばらくブログを書く。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-26 00:33 | DAYS
ちょっと気を抜いたスキに更新しないまま1週間が過ぎました。
もう「毎日更新」とも「ほぼ毎日」とも言いません。

お母さん、メールの返事もロクにしてないのに、ブログなんぞ書いてすいません。
仕事また忙しくなってきましたがアタマに来るほど元気です。

ということで、ザ・近況、です。

【禁煙】
エイプリルフールに禁煙を決意して約2週間、1本も煙草を吸ってない。今度こそホンモノな気がする。我慢している感覚が無い。

【花見にて】
「草食系男子」という言葉が独り歩きしている感のある今日この頃、「草食系だよね」と指摘されることも少なくない。そんなときは、「オレは雑食系ですよ」と言い返してやるのだ。

ってなことを友人が語っていて、超同感。そんなことより自分は何系でもいいので‘肉食系女子’に会ってみたい。

【略してOPV】
来週公開の「おっぱいバレー」、「主人公の女教師が生徒に‘おっぱい’を見せる」というのは‘物語上’は、有り得るのかもしれないし、それこそ映画を観てみないと分からない。

けれども「綾瀬はるかが‘おっぱい’を見せる」というのが‘現実的’には、200%有り得ない、ということは、映画を観に行かなくても無意識のうちに大人達は気付いてしまっている。たとえば、小6くらいの男子だったら、「ひょっとしたらマジで映画の中で綾瀬はるかのおっぱいが観られるかもしれない」と思っているのだろうか。

もし、そんな小学生が「現実」に打ちのめされている場面に遭遇することがあったら(それこそそんな機会200%有り得ないけど)、「池脇千鶴in『ジョゼ虎』」もしくは「星野真理in『さよならみどりちゃん』」を勧めてあげようではありませんか、成人男子の皆さん。そしてそんな小6魂を胸に抱きつつ、「おっぱいバレー」を見に行こう。


【ソフトバンクvsドコモ】
今まで‘上戸彩ファン’を公言して憚らなかったオレですが、最近は「掘北>上戸」になってきました。松本亀吉の言葉(fromクイックジャパン最新号)の借りるなら、
「今の掘北の可愛さは誰にも止めることができない」。


なんか、どうでもいいことばっか書き連ねてしまいました。
こんなのがブログのトップにあがってると恥ずかしいですが、
おそらくあと3、4日経てば「ミスチルのライブ観戦興奮日記」がアップされることと思います。
それも恥ずかしいけどね。

ま、「恥ずかしさ」と「ブログのオモロさ」は比例する、ということで。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-15 23:58 | DAYS

The Birthday@Zepp Tokyo

Zepp TokyoにThe Birthdayのライブを観にいった。
開演前、後ろのほうから聞こえてきた会話。

「ブランキーが解散したのってオレが小6のときだった。」
「ミッシェルの解散は高校生のときだった。」

この会話をしていた学生らしき‘彼等’は20歳くらいと思われる。
オレがハタチの頃は、ブランキーもミッシェルもまだ健在だった。当時のブランキーやミッシェルの‘カッコ良さ’を説明するのに言葉は必要無かった。↑の会話を交わしていた彼等にとっては、まさに‘THE BIRTHDAY’こそが、問答無用でカッコイイ「ロックバンド」なんだろう。

てなことを、開場してから開演してまでの十数分間考えていたのだけど、いざライブが始まってしまうと、んなことは全くどうでもよくなった。今のThe Birthdayは、かつてブランキーやミッシェルの音楽を夢中になって聞いていた30歳の俺からしても、すさまじくカッコ良かった。The Birthdayのライブは4~5回は観ているが、こんな感覚になったのは初めて。アルバムを3枚出して、遂に「型」みたいなもんができあがったのかもしれない。「曲のイントロ部分で曲名をシャウトするチバユウスケ」がミッシェル時代から好きだったのだけど、今回のライブはそういう場面が多かったのが嬉しかった。

それにしても20歳の頃は、30歳になったときに、ライブハウスの最前列付近で汗まみれになって音楽を聞いている自分の姿なんて想像もしなかった。‘ダイブしている人の踵が自分の頭を直撃’というスタンディングの会場での‘お約束’も久々に体験した。懐かしい気分だった。

で、更に10年後、40歳。やっぱり、40歳の自分が‘そんなこと’をしているかどうかは、今は想像できないけれど、同じように、チバユウスケが10年後にも何かしらのバンドをやっていて、それを「カッコイイ」と思える自分でありたいと思った。んで、やっぱりライブハウスの前の方で、汗だくになりながらその音楽を聞いていたい。

ちなみに、気になって調べてみたら、今現在、チバユウスケがちょうど40歳だった。
つーことは、10年前、20歳の頃のオレが見ていた‘ミッシェルのチバ’は30歳ということになる。なんだか不思議な気分。

細かいライブレポートは例によってコチラ参照。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-08 01:04 | MUSIC

最近のアレコレ

「ほぼ毎日」ブログを書く、とユルイ決心と共に宣言して早々、ブログの更新が数日間途絶えました。まあ、1回の表にヒットを打たれると、早々に「ノーヒットノーラン」の可能性が途絶えてプレッシャーから解放されて、「3安打完封」みたいな良いピッチングができることもあるので、そんな感じでこれからも書いていこうと思います。とりあえず当ブログ人気シリーズ(自分的に)、「最近のアレコレ」。

【チェンジリングとイーストウッドについて】
ここ一ヶ月くらいは、どこで誰と映画の話をしても「最近何か映画観に行った~? 行ってないよねえ~ 全然面白いのやってないもんなあ~」という話になる。そして熱心な映画ファン同士が集まっていれば、必然的にその手の会話は 以下のような展開になる。

「『チェンジリング』は素晴らしかった」「アレは別格」「衝撃」「他の映画観なくてもコレだけは観たほうがイイ」

何がそんなに素晴らしいのか、何がそんなに他の映画と違うのか、うまく言葉にできないけれども、才能と技術のある人が本気を出すと、こういう結果になるのが当然なのかもしれません。映画ファンからもアタマのカタイ評論家からも、両方からも熱烈に支持されるのは珍しいのではないでしょうか。そしてそんなサイコーな監督の新作「グラン・トリノ」が、今月早くも公開される。楽しみで楽しみで仕方がない。


【楽しみで楽しみで仕方がない】
と言えば、村上春樹の長編新作が、5月下旬に発売されるそうです。俺は毎週日曜だけは朝日新聞か毎日新聞のどちらかを買って、ダラダラと読みながら、映画や音楽だけでなく「政治や経済や国際情勢にも関心があるフリをしているフリ」を日常で行うための下調べをしているのだけど、書評面の下に新潮社の広告が載っていて、いつも「村上春樹最新長編、発売決定」のお知らせが載っている。そしてその情報が毎週小出しにされているのがニクイ。どうやらタイトルは「1Q84」(イチキューハチヨン、と読む)らしい。


【村上春樹】
と言えば、現在発売中の「テレビブロス」の「村上春樹特集」は、近年読んだあらゆる雑誌のあらゆる特集の中で一番面白いし、完成度が高いと思う。
ほとんどの雑誌のほとんどの誌面が、情報や広告で埋め尽くされているなか、「オモロい文章」と「オモロい切り口」さえあれば、人気ライターやカリスマモデルや「最新情報」や「独占インタビュー」や「特写」が無くても「オモロイ雑誌」は作れる、といういい例ではないでしょうか。

「動物園でゴリラ園に落ちてしまった」とか「会社で納期に間に合わなかった」といった全く文学的ではないシチュエーションを‘ハルキ的文体’で綴る、「ハルキならどうする?」、麻生太郎や朝青龍、陣内智則など‘残念な人たち’が‘ハルキ的価値観’で自己弁護を繰り広げる「OSハルキをインストール!」、そして元々ファンではないどころか「一回も読んだ事が無い」のに、‘名前の響き’で人選、取材した「モト冬樹が語る、初めての春樹」などなど、いずれのコーナーもとにかく中身が濃い。そしてこれらが人気ライターとか、文芸評論家ではなくて、「アソコ・クロコップ」とか「むき海老ひかる」とか「うんちブリブリ」といった「ハルキ的」ではないペンネームの方々によって綴られているのが、また素晴らしい。


【『レッドクリフ PART1』について】
まもなくPART2が公開、ということで、まあ正直興味は全然無いのだけど、一応映画業界の片隅で働くものとして、やっぱりPART1の大ヒットは予想外で、衝撃だったので、一応、DVDで鑑賞。面白くもなく、つまらなくもなく、いたってフツー。で、ブログでこの「PART1」のことを書くにあたって思い出したこと、2つ。

「キル・ビル」のPART1とPART2の‘繫ぎ目’は素晴らしかった。PART1がPART2の「予告編」にならずに‘一つの物語’として完結していながらも、「直ぐに続きが観たい」と思わせる終わり方。それに比べると、「レッド・クリフ」は‘酷い’と言わざるを得ない。

有吉弘行が「アメトーーク!」で放った「ブレイクするってのはバカに見つかるってこと」という発言が一部で話題と賞賛を集めているらしい。曰く、ゴールデンタイムでもてはやされてブームになってまつり上げられるよりは、ブレイクしなくても深夜番組でセンスの良い視聴者にさえ支持されていれば十分、ということらしい。

「レッドクリフ PART1」の説明過多な演出、過剰に繰り返される人物紹介のテロップ、そして予想外の大ヒット。別に「PART1」を観にいった人がバカである、と言いたいわけでは無いのだけど、ふと有吉の名言がアタマをよぎった。


【漫画ブーム】
成人して以来の「漫画ブーム」が突然訪れて、最近は漫画ばっかり読んでいる。元々コアな‘漫画ファン’の人からしたら、「何を今さら」と思われるだろうけど、「鈴木先生」が凄い。「‘漫画’より‘文学’のほうがエライ」なんて思ったことは無かったはずなのだけど、「鈴木先生」を読んでいるとひょっとして無意識にそんな考え方をしてしまってたのかな、と思う。つまり「鈴木先生」には文学作品並みの思想やら哲学やらがあって、でも小学生や中学生の頃に感じていた「漫画を読む面白さ」(早く続きが見たい、読みたい、という中毒性)も間違いなくある。





‘日曜日の昼間に長々とブログを書くような奴とは友達になりたくない’、
と常々思っていたのだけど、自分がそんな奴になってしまいました。
このブログを読んでくれてる友達の皆さん、元気ですか。
こんな僕ですが、今年度もよろしくお願いします。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-05 12:10 | MOVIE

WORKS1

このブログは今まで、内容によって「MOVIE」「MUSIC」「DAYS」「BOOKS」のカテゴリ分けがされていました。

で、今後毎日ブログを書いていくとなると、どうしても「仕事のコト以外に書くことがねえぞ」という日が増えてきそうなので、新たに「WORKS」というカテゴリを作りました。「DAYS」と「WORKS」がイコールにならないようにしたいものです。


なあんてことは正直自分以外の人には、まったくもってどうでもいい話題ですな。

そして、とはいえ、しかしながら、

そんなどうでもいい話題を今後も書いていきたいと思います。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-02 02:33 | WORKS

30歳の誓い

3月20日に30歳になると同時に煙草をやめた。

で、10日間1本も吸ってなかったのだけど、4人でメシ食ってて、自分以外の3人が喫煙者、というシチュエーションに屈してしまい、はやくも挫折。

俺の‘30歳の誓い’も大したことないなあと思いつつも、
「4月1日から禁煙」というのもキリがよい。

とか何とか言って、‘節目’に頼っているようではいつまでたってもホントに禁煙なんてできないのかもしれない。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-01 06:41 | DAYS