ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ここ数年「なぜ○○は××なのか」というタイトルの本がやたら増えた気がするけれど(そういう類の本は『若者はなぜ3年で辞めるのか』以外読んだことがないけれど)、インパクトの強さでこれに勝るものはないのではなかろうか。

ということで、タイトルに惹かれ、岡田芳郎・著 『世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田市につくった男はなぜ忘れ去られたのか』を読んだ。

いま自分に何かしらの小説、漫画、ドラマを映画化する権利が与えられていたら、迷わずこれを選ぶ。

山形県酒田市の名家に生まれ、20歳にして父親が経営していた映画館‘グリーンハウス’の支配人となった‘佐藤久一’の半生を追ったノンフィクション。数々の伝説的なサービスと興行を積み重ね、山形県酒田市内の数ある映画館のうちの一つに過ぎなかった‘グリーンハウス’を、淀川長治をして「世界一の映画館」と言わしめるまでにしたのち、「お客様へのおもてなし」を更に追及する久一は、「今度は映像(映画)よりももっと臨場感のあるナマの舞台(演劇)で!」と、一念発起。上京して日生劇場で働くことになる。

が、ひょんなことからその日生劇場の‘食堂課’に配属され、それをきっかけに、故郷・酒田に戻ってフランス料理店を経営することになった久一。映画館時代と同様に、徹底的に‘お客様目線’に立ち、ときに‘やり過ぎ’レベルまでやってしまう久一のサービス精神とエンターテイナーとしての素質。気がつけば、その店は開高健や丸谷才一から「日本一のフランス料理店」と賞賛されるまでになる。

が、「お客様へのサービス」に気をとられ採算を度外視した久一の経営は、最終的には手にした名声を遥かに超える‘赤字’という現実を彼に突きつける。更に‘グリーンハウス’からの出火によって酒田市全体を焼き尽くした大火事‘酒田大火’が街の人々に残す忌まわしい記憶。久一が晩年に陥ったアルコール依存症。純粋すぎるがゆえ、余計に苦しむことになった‘愛人’と‘妻’との間の三角関係。

などなど、まるでスコセッシの映画(というか『アビエーター』)のような、‘狂気と情熱の間で揺れ続けた濃い半生’が、70歳を超える著者の丁寧な語り口で綴られていく。タイトルを聞いたときは「映画館」と「フランス料理店」という2つに全く繋がりを感じなかったのだけど、読み終えると、「お客様へ最上級のおもてなし(サービス)を提供する」という意味で、その2つは根っこで繋がっていたのだと痛感。そして、そうすることを自分自身の最大の喜びとして、強い信念を持ちつつも、ある意味では常に‘成り行き任せ’な久一の生き方は、はっきりいって凄くカッコイイ。

映画館でもコンビニでも牛丼屋でも高級ホテルでも、‘接客’に従ずる人間は全員必読の一冊だと思う。

それにしても映画館の支配人時代に、まさかのちに自分が「日本一のフランス料理店」の経営者になるなんて夢にも思っていなかっただろう。

いやあ、人生はホント何が起こるか分からないなあ!

と思わせてくれる物語は何であれやっぱり素晴らしい。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-30 23:50 | BOOKS
予告編を見て以来、なんだか気になっていた『魔法にかけられて』を、ようやく観た。

これ、実はけっこうな傑作なんではなかろうか。

ファンタジーとコメディとラブストーリーのバランス具合が絶妙。ここ2、3年で一番良く出来た‘デートムービー’だと思う。

っつうか、ここ数年、‘デートムービー’ってめっきり減ったと思うのは気のせいでしょうか。
単に自分が‘映画デート’っちゅうもんをやらなくなったからでしょうか。

まあ、どっちでもいいや。
どっちにせよ、最近観た映画の中で一番気持ちのイイ映画だった。人にオススメしたい映画だった。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-27 23:31 | MOVIE
『Sweet Rain 死神の精度』を見に行った。キャストもストーリーも特に惹かれるものはなかったのだけど、わざわざ映画館へ足を運んだ唯一の理由は、監督が筧昌也だったから。

で、突然ですが、以下は、3年半前にブログでもmixiでもなく、勝手気ままに書いていた我が「映画日記」の抜粋。原文ママ。


~ 『美女缶』。こちらはチラシとストーリーに惹かれて見に行った。監督は、CG系の映像ではプロフェッショナルとしてやっているらしいが、映画監督としては素人アガリの26歳(と、当日のトークショーで本人が言っていた)。
 これが実に素晴らしい作品だった。「ブサイクな隣人の部屋から次々に現れる美女。それを不審に思った主人公は、美女を生み出す缶詰‘美女缶’の存在を知る…」という妄想全開・ネタ一発の物語。
 撮りようによってはAVのストーリーでもおかしくない。ところが、これがSF・ファンタジー・ラブストーリー・コメディ・どんでん返しアリの傑作だったのである。予算も少ない、有名な役者がいるわけでもない、そんな状況でいかに観客をスクリーンにひきつけるのか。答えは単純。オハナシとしてオモシロイか否か、というだけだ。たとえば現在この国で公開されている映画のなかで、映像でも役者でもベストセラーの原作でもなく、「物語」としてお客を呼べる作品がどれだけあるでしょうか。なんてことは言いたくないけれど。トム・クルーズ目当てに劇場に行くこともあるけれど。お話としてツマラン映画は数日経てば中身なんてほとんど覚えていない。今回は久々に家に帰ってからも映画を見た興奮が冷めなかった。
 そしてこれを撮ったのが、オレと同い年の監督であるという事実。上映前のトークショーで中村麻美・小山田サユリというミニシアター系美人女優に挟まれて遠慮がちに堂々と自分の作品について語る彼。彼とオレの‘分かれ道’はどこだったのでしょうか。(2004/11/10) ~


 っつうことで、今思えばそこまで大絶賛するほどのものだったのかどうかは疑問だけど、2004年秋に観た筧監督(ちなみに↑では‘同い年’と書いているが、実際はオレの方が1歳若い模様) の『美女缶』のインパクトは、未だに覚えている。
 その後『美女缶』は、「世にも奇妙な物語」で妻夫木聡主演でリメイクされ、劇場公開時に同時上映だった、同じく筧監督作品「ロスタイムライフ」は、フジの人気テレビドラマ枠でドラマ化された。そして、間違いなく大抜擢だと思うのだが、筧監督は金城武という国際スターを擁する、いろんな会社がいろんな思惑で作る、メジャー映画を監督するまでになった。3年半前の「美女缶」に比べたら、「Sweet Rain」は、予算に0(ゼロ)が一つ増えたどころじゃ済まなかったと思う。

 で、実際の映画の感想。

 正直、「筧サン、残念です…」という感じ。この映画を作っている日テレやROBOT(製作会社)が、オレが今やっている仕事上付き合いがあるので、何とも歯切れが悪くなってしまうのだけど(と言いつつこんなヘッポコブログをそんな彼等が見ているわけないが)、一言で言うならば「つまらなかった」。でも、わずか3年半でここまで成り上がった筧監督に想いを馳せながら映画を観るのはなかなか普段は味わえない感覚だった。

 この3年半で、オレは2度の転職をして、2度のフリーター生活があり、その間に『ホテル・ルワンダ』署名運動があり、オリジン弁当のバイトで一回り以上年下の高校生にアゴで使われる日々があり、宣伝マンとして『チーム・バチスタの栄光』の撮影に同行する日々があり、なんやかんやで今は映画にメシを食わせてもらっている。2004年に『美女缶』を見たアノ日に、「オレも負けてはおれんぞ」と思ったのは確かだけど、まさかそんなことがその先に待ってるとは思ってもいなかった。

 今から3年後にも、筧監督が映画を撮り続けていたらイイなあ、と思う。
 自分自身も、今は全く予想のつかないことが、この先の3年間でたくさん起こればいいなあ、と思う。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-25 01:35 | MOVIE
かなり前に前売券を買ったものの、未だに見ていない『いのちの食べかた』を今日こそは、と思って出かけたのだけれど、例によって家を出たのが早すぎてレイトショーまで時間を持て余す。で、「映画を観るために、‘映画を観て時間を潰す’」ために、たまたま時間がピッタリだった『大いなる陰謀』を観る。(ちなみに『大いなる陰謀』を見終わってから飲みの誘いが入り、またしても『いのちの食べ方』鑑賞は延期。)

映画館で映画を観る習慣がつきはじめたのは1996年頃からなのだけど、この十数年で、全ての出演作を劇場に見に行っているのは、世界中でトム・クルーズただ一人である。『ミッション・インポッシブル』第一作以降、全て映画館に観に行っている。念のためウィキペディアで確認したが間違いない。でも、決して熱烈なトムファンというわけではなくて、むしろブラッド・ピットやイーサン・ホークの方が断然好きなのだけど、トム・クルーズ出演作で「つまんなかった」記憶もほとんどないから(もちろん全部が傑作というわけでもないが)、我ながら納得でもある。

で、‘トム映画ハズレなし伝説’は、一応今回も継続。

ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズの3人を主演に、対テロ戦争を推し進める若き政治家(クルーズ)と彼の考え方に疑問を抱く女性ジャーナリスト(ストリープ)、教え子を戦地へ送り出してしまった大学教授(レッドフォード)のそれぞれの立場や思惑を描きながら、現在のアメリカの対外戦略をあぶり出す。

という映画。↑はeiga.comより転載。(勝手に)by the courtesy of トニーさん。

まずこういう題材をこういうキャストで作りましょう、というところに、昨今の映画では珍しい‘ココロザシ’を感じる。(そういうのがウザい人もいるだろうけど。)逆に、『Lions for Lambs』という原題(映画の内容を考えると「羊に率いられる獅子たち」といったところでしょうか)に、『大いなる陰謀』という何だかやる気のない邦題をつけちまった日本の配給・宣伝会社からはそういう気概を感じない。この邦題で確実に観客は減っていると思うのだけど。同業者として気持ちは分からなくもないのだけど。

多少の戦闘シーンを除いては、映画のほとんどが異なる3つのシチュエーションでの「会話」で構成され、それでいながら起伏もあり、上映時間は92分間。観終わったあとに妙な余韻が残る。人生を変えるような映画ではなかったし(トム曰く「この映画を見た人間の何割かの人生が変わる」らしい)、「2008年マイトップ10」に入ることもまずないと断言できるのだけど、不思議と「観て良かった」と素直に思える1本。なんっつうか、学生時代に観ていたら、凄く感動したと思う。

それにしても公開初日とは思えない客の入りの悪さだった・・・。がんばれ、トム。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-22 00:44 | MOVIE

ベルト

中学生の頃から使い続けたベルトの金具の部分がポキっと折れて、ぶっ壊れた。

別にこだわりがあったわけではないのだが、この十数年間ベルトはずっとこの1本しか身につけたことがなかった。

高校受験、バンドの初ステージ、初めて酔っ払った日、大学生活、四国一周ヒッチハイク旅行、アフリカ一人旅、初デート、上京、フリーター生活、就職試験、風俗デビュー、サラリーマン生活、親戚の葬式、友人の結婚式…などなど全てを共にしたベルトだった。冷静に考えると、こんだけあらゆるシチュエーションで、常に身に着けてきたものはベルト以外に考えられない。

ちょうど1年くらい前に、「これって実は凄いことなのではないか」と気付き、飲み会なんかで得意気に話したこともあった(反応はイマイチだったが)。が、意識しはじめたのがまずかったのか、このあいだ会社のトイレで用を足そうとしたとき、その歴史的瞬間は訪れた。

思いのほかショックだったのだけど、これは何かモノ凄いことが起こる予兆かもしれない。
ああ、楽しみだ。

と思って、数日が過ぎたが今のところまだ何も起きていない。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-19 15:41 | DAYS
別にムチャクチャ観たかったわけでもないのだが、CQN会員カードの更新で映画館に行ったついでに何となく『潜水服は蝶の夢を見る』を見る。

脳梗塞で倒れて左目以外に全くカラダの自由の効かなくなった男が、唯一自由になる左目の20万回以上の瞬きで自伝を書き上げるまでの物語。

はっきり言ってスクリーンに映し出された時点で、それは‘映画’なのであって、実話だろうがフィクションだろうがどうでもよい。『レイジング・ブル』は、あのボクサーが実在の人物じゃなくてフィクションだったとしても名作だろうし、フォレスト・ガンプは架空のキャラだからこそオモロかったと思うけど、実話ならそれはそれでまたオモロいのかも、と思う。

確かにモデルとなった人は凄いと思う。‘実在の人物ネタ’のブッ飛び具合としてはズバ抜けてると思う。けど、演技でも演出でもカメラワークでも編集でも、何でもいいから‘映画的な何か’が同じくらいブッ飛んでいないと、やっぱ映画としては面白くない。というか、驚きを感じない。その意味では物足りなかった。少なくとも一番‘(驚いたという意味で)感動した’のは、映画を見たときではなくて、「そんな人(身体の自由を奪われた状態で瞬きだけで自伝を書いた人)が、いた。」という事実を雑誌か何かで知ったときだった。

家に帰ってチラシを観たら、この映画を推薦してたのが、おすぎとかピーコとか佐藤可士和とか行定勲とか、自分にとってイマイチ趣味の合わない人達だったのが、妙に納得。

とりあえず「ドン・キス・ミー~」とかいう歌詞の劇中歌(映画のCMで流れてた曲)は良かった。でも誰が歌ってる何という曲なのか調べるほどでもない程度の「良かった」だけど。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-15 01:16 | MOVIE
こういう映画を真っ先に劇場に見に行ってこそ本当の映画ファンだろう!

なあんて思ったわけではないのだけど、いや、少しはそんなことを考えなかったわけでもないのだけど、自分が観る前に他人から感想を聞かされるのも癪なので、とりあえず『クローバーフィールド』を観に、公開初日、新宿へ。

‘主観カメラ’が話題の本作。もし本当にこんなパニック状態に巻き込まれたら、あんなに良く練られたカメラワークでビデオカメラを回し続けられるはずがない。

というツッコミを抜きにすれば、十分に楽しませてもらった。というか、そんなツッコミをしたくなってしまう、ということは、そんだけスクリーンに映し出された映像が‘リアル’だった、ということなのかもしれん。っつうかそんなツッコミをする奴は、そもそもこの映画を観る資格はこれっぽっちも無いのでしょう。

ということで、賛否両論?なのだとすれば、とりあえず‘賛’の方に一票投じたい。

それにしても、一見するとB級映画ノリと言えなくもないのだが、町山さんのポッドキャストを聞いたうえでこの映画を観ると、‘思想’を持った素晴らしい作品に思えてしまうから不思議だ。

スピルバーグの『宇宙戦争』を久々に見たくなった。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-09 00:01 | MOVIE

『死刑』 森達也

せっかくBOOKのカテゴリーを作っているのでたまには最近読んだ本のことでも書いてみようと思う。

オウム真理教を‘オウム側’から描いたドキュメンタリー映画『A』『A2』でおなじみの(?)森達也の最新著書『死刑』。

森達也本人が本の中で言っているように、コレは「死刑をめぐるロードムービー」であり、声高に死刑反対(存置)を訴えるものではない。ロードムービーがそうであるように、主人公(森達也)が、いろんな人に出会って、いろんなハナシを聞いて、いろんなことを考えて、悩んで、葛藤して、最終的に「何となく」結論らしきものに辿り着く。

そもそも死刑制度に賛成でも反対でもなかったが、如何に死刑制度について今まで無知であったかを痛感させられた。っつうのは、自分を含めてかなりの読者に共通する感想だと思う。

で、これを読んだ数日後に、ニュースを見ていて、森達也と『死刑』のことを思い出すことがあった。

岡山の「ホーム突き落とし事件」。ニュース番組で繰り返し放送されていた被害者の父のコメント。「はらわたが煮えくり返る思いだ」ってやつ。実際、この被害者の父はこのコメントの直前に「更生してほしい」という発言もしていたのだけど、そこをカットして「はらわたが~」の部分だけを放送していたニュース番組が幾つかあった。その中には、茨城の8人殺傷事件とセットで「不条理無差別殺人」として紹介して、偉そうな評論家が、死刑制度をきちんと確立させれば「刑務所に行きたい」なんて言って犯罪に走る奴はいなくなる、とか何とか言っていた。

たとえば『死刑』を読んでいない状態で、そんなニュースを見たら、そうだよなあ、やっぱ死刑制度は大事だよなあ、とか思っていたかもしれない。でも読んだあとだと、「死刑執行すべし」という主張が乱暴にTVのニュースで流されることも、事件と同じくらい恐ろしいことだと思った。

で、その流れでブランキー・ジェット・シティの「悪い人たち」の一節を思い出した。いきなり「悪い人たちがやってきて みんなを殺した」という歌詞から始まるブランキーの名曲。その中の「残酷な事件は いつの日からかみんなの 一番の退屈しのぎ 残酷性が強ければ強いほど 週刊誌は飛ぶように売れる」という歌詞。

ってことで、いろいろと本を読みながら考えさせられた。
誰も知ろうとしないことを、知られないようにガードされていることを、「実はこんなことになってるんすよ」と剥き出しにしてくれる、という意味では『A』『A2』、その他の森達也の著書に通じるところがあった。あとメディアを鵜呑みにするなかれ、って意味でも。

やっぱ森達也はロックだなあ、と思った。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-06 18:55 | BOOKS
『コントロール』を見に渋谷シネマライズへ。
イギリスの伝説のロックバンド、JOY DIVISION(のちのNEW ORDER)のボーカリストにして、23歳にして自ら命を絶ったイアン・カーティス。そのJOY DIVISIONの結成前夜からイアンの死までを追った青春映画。バンド映画。

映画としては、JOY~やイアンに思い入れの無い人が見たら、フツーの映画かもしれない。自分としても、特に強い思い入れがあったわけではない。が、同じくJOY DVISIONと当時の‘マッドチェスター’を描いた映画『24アワー・パーティー・ピープル』は大好きな映画で、あれを見て以来、あの頃のイギリスの音楽をよく聞くようになった。だから、『コントロール』も、気分的には「24アワー・パーティー・ピープル アナザーバージョン」的な気分で楽しめた。

ちょっと強引かもしれないけど、イアン・カーティスは「結婚(家庭生活)」と「バンド活動」の両立に耐えられなくて、その2つの間でバランスが取れなくなって、死を選んだとも言える。もちろん、‘てんかん’に苦しんでいたり、バンドが自分の想像を超えるスピードで世間に広がり、消費され、過剰な期待を背負わされる戸惑いも原因だったと思う。でも、やっぱり歴史に残るロックスターでも、人並みに家庭と仕事の間で揺れていた、ってことにしてくれると、庶民としては何だかホッとするし、救われる。

ここ1~2年、ことあるごとに「結婚してえ」「バンドやりてえ」と言っていた自分だが、それがいかに大変なことか分かった。この映画作った人は、そんなことをオレに思い知らせるために製作したのではないと思うけど、素直に「見て良かった」と思えたのだから、それでよしとしておきたい。

ところで、実は映画を見に行ったら必ず1作品1エントリーでブログを書く、というのを最近自らに課していたのだけど、だんだん追いつかなくなってきました。というか面倒くさくなったので、やめます。ただ、1作品1エントリーのルールを撤廃しつつ、今後も見に行った映画は何かしら全てブログ内で言及していきたいと思う。なぜそんなことするかというと、そうしよう、と思いついてしまったから。

ということで、最近見た映画。と簡単な感想。

『ノーカントリー』@新宿アカデミー  
コーエン兄弟、完全復活。傑作。こういうアタマをガツンとやられる映画がたま~にあるから、このドキドキを知ってしまってるから、いつまでたっても映画を見るのを止められない。あのラストも好き。意味が分からないことほど、怖くて面白いことはない。

『バンテージ・ポイント』@新宿ミラノ 
‘8つの視点’じゃなくて、‘4つ’ぐらいにしとけば、もっとスリムにハナシが締まったのではなかろうか。別に退屈だったわけじゃないけども。

『実録 連合赤軍 あさま山荘への道程』@テアトル新宿  
冒頭の‘実録’部分のテンポが素晴らしい。全体的にも3時間の長さを感じさせない。映画自体の評価をさておいても、「あさま山荘事件」以降に生まれた人は全員「見るべき」だと思う。そう思わせてくれる映画は滅多にない。できることなら、どんな雑用でもいいので若松組にスタッフとして参加したかった。なあんて、こういうタイプの人間が、あの当時、「革命」に参加して、結局「総括」されちゃったのかな。

『接吻』@渋谷ユーロスペース 
衝撃のラスト、っつうのはチラシを見た時点で何となく予想はついてしまっていたのだけど、それでもラストの音楽とタイトルロゴがスクリーンに現れる瞬間は強烈だった。

X JAPANのライブのことを書いたら、いっきにアクセス数が10倍くらいになってた。やっぱすごいなインターネット。やっぱすごいなエックスジャパン。偶然ココに辿り着いた人の100人に1人でいいので、「なんかオモシロそうやんけ、コイツ」と思ってくれる人がいたらいいなあ、と思う。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-04-03 01:26 | MOVIE