ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

素晴らしき哉、人生

いわゆる‘転校生’だった自分にとって、幼なじみだとか‘小学校の同級生’なんて関係性はそもそもあり得ないわけで、そういう間柄の人達を見ると、いつも羨ましいとか憧れる、っつうよりは、どっちかっつうと妬みというかヒガミの気持ちの方が強くて、まあ言ってれば、あんまイイ印象を持っていなかった。

 が、今後そういう考え方はやめようと思う。

 このあいだ、小学校の同級生に15年振りに再会した。俺は、ボクは、小5の終わりに、埼玉から群馬に引っ越してきて、中1の終わりに、更に群馬から富山に引っ越したのだけど、その同級生は、その僅か2年間ほどの群馬時代のトモダチ。しかも、この15年間お互い連絡も一切取っていなかった。っつうかそもそも連絡先も知らなかった。最後に会ったときの写真の日付を見たら、1992年の7月だった。

 15年振り、と言っても、35歳くらいのオッサンが、大学時代の友人に再会するのとはワケが違う。なにせ、最後に会ったのは12歳かそこらのときで、そんぐらいの年頃から30歳手前までの15年っちゅうのは、そもそもその人のパーソナリティが作られていくうえで多分もの凄く重要な時期で、タバコやお酒やアレやソレや、バイトや就職や転職や、いろんなことを経験していく15年でもある。バブルも崩壊していなくて、清原もまだ西武ライオンズにいて、エックスもブルーハーツも解散してなくて、ミスチルもまだブレイクしていなくて、志田未来はまだ生まれていなかった(多分)、そんな15年前以来の再会。

 そういう期間のお互いの情報を全く知らないまま、突然15年振りに再会して、それこそタバコくわえて、酔っ払いながら、‘15年分’を語り合う。
 っちゅうのは、なんというか、とんでもなくスリリングなことだ。で、いざこうして改めて、このあいだ再会して飲みながら交わした会話のことを考えると、ホントにアレコレと思うところはあるのだけど、ひとことで言っちまうならば「ニンゲン万歳、人生万歳」としか言いようがない。あと、人間の記憶力っつうのはとんでもないな、と思った。

 こんなもの凄い偶然に巡り合うことができたのには2つ理由があった。
 
 1つは、去年の暮れ、20人くらい参加してた仕事絡みの飲み会に、(あとから知ったのだけど)これまた俺の同級生が偶然に参加していて(これまた15年振りに)オレのことを目撃したこと。その席ではお互いに声をかけることはなかったが(っつうか俺は彼の存在に気付かなかったけど)、後日その彼が、また別の同級生に「このあいだ中学のときに転校していったミズキらしき人物を見たよ」と言って、そっからウワサが流れて、↑で書いている友人との再会へと相成った。

 で、もう1つの理由は、俺がこのブログをやっていたこと。それによって「ミズキ目撃情報」を聞いた俺の友人は、ミズキユータに連絡する方法を知ったのでした。
 
 「飲み会」と「ブログ」っちゅうのは、やらずに済むもんならそうしたいなあ、と最近は思いつつ、自分にとってはなかなかやめられないとまらない、なモノだったのだけど、やっぱ悪くねえなあ、と思った。っつうかむしろこれからも積極的に続けていこうと思う。

 いまミズキユータの「友人」である(と俺が勝手に思っている)方々へ。是非15年後も、うまい酒を飲み魔性。そんときゃこちらは43歳!です。イカしたオッサンになっていますように。

追伸 のりクン、こないだの酒はマジうまかった。また近々飲もうぜ。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-02-28 00:59 | DAYS
『全然大丈夫』を観に渋谷へ。30前の冴えない男2名+女1名の冴えない日常を描いたハナシ。好きな人とダメな人とで評価が分かれる映画だと思うが自分はどっちかっつうと前者だった。今まであんまりイイと思ったことがなかった木村佳乃が、地味でドジで薄幸な感じの役がハマってて良かった。「俺たち来年もう30なんだからさあ」という台詞が染みた。

渋谷ツタヤで半額クーポンやってたので小津(「お早よう」)と勝新(「兵隊やくざ」)とトリュフォー(「華氏451」)を借りた。レンタルではなるべく有名な作品で未見のやつをを見ていきたいと思う。

のだが、どういうわけか部屋でDVDで見てると直ぐに眠くなってしまう。
普通のテレビ番組見てたらどんどん目は冴えてくるのに何ででしょうね。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-02-26 00:40 | MOVIE
久々に仕事が早く終わったのでフラッと新宿バルト9に寄って、『団塊ボーイズ』を見た。オヤジ4人がバイクで旅に出て、フルチンになったりケンカしたりするハナシ。

おもしろかった。以上。

たったこれだけの感想で全て事足りる気がするし、これ以上言いたいことも何も無い映画もそうそうない。「仕事が早く終わったので、ノリで、なんとなく」観るにはうってつけの映画だった。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-02-22 09:04 | MOVIE

飲み会にて

期せずして、「好きなアイドルとか女優とかを10人挙げる」みたいな話題になって、同席していた友人が挙げた10名の中に、上戸彩と川村ゆきえと和季沙也が同時にノミネートされていて、全く同感で、凄く共感で、で、コレって「ミスチル好き、且つ、ブランキー好きの人(俺)」に出会うのくらい珍しいというか貴重なことだなあ、と勝手に一人でコウフンしてしまったわけだけども、そんなことを酔っ払いながら語れる28歳男子ってイイよなあ、とも思って、最近はここ数ヶ月の借りを返すかのように、仕事以外でいろんな人と会ったりダベったり飲んだりする機会が増えてきておりますが、やっぱどんなくだらん話題でも‘真剣にしゃべる’っつうのは楽しいなあと痛感しており、最近会った人もこれから会う予定の人も、そのどっちでもない人も、そんかかんじで、今後ともひとつよろしくおねがいします。なんじゃそりゃ。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-02-18 23:06 | DAYS

炎上ブログ

・‘アクセス解析’のアクセス数を見る限り、多分このブログにアクセスしてくれている人のほとんどは、すなわち‘マイミクシィ’の人達であるようで、それ以上でも以下でもないようだけど、少なくとも‘可能性’だけのハナシで言えば、実家の両親も、清原和博も、川村ゆきえも、会社の上司も、アフリカで暮らす見知らぬ人も、‘コレを読んでるor今後何かの偶然でコレを読む可能性’は全くゼロとも言えないわけで、とりあえずは、そんなことを妄想しながら、そんなことを恐れながら、何処の誰が読んでも‘へえ~’と思ってもらえるモノを書いてきたい。と思う。それがブログってなもんでしょ、とも思う。

・で、と言いつつ、多分コレ読んでると思われる人にとっては耳タコな話題だろうけど、このブログを書いているミズキユータという人間は‘映画その他の宣伝’を生業にしておりまして、ここ数ヶ月は『チーム・バチスタの栄光』という映画の宣伝に従事しておりまして、先週末からいよいよコノ映画が公開されたんだけども、どうやら‘ヒット’していきそうな按配で、胸をなでおろしつつも、率直に言って「コケなくて良かった」と思う。

・ブログはじめて一ヶ月が過ぎ、「エキサイトブログって何か使い勝手が悪いから他のブログに乗り換えようかなあ」と、最近考えてたのだけど、「しょこたんブログ、エキサイトに電撃移籍」のニュースを見て、とりあえずはもうしばらくこんな感じで続けていこうと思う。

・浅野忠信を見るために、『母ベえ』を観にいって、「やっぱ浅野さんは素晴らしい役者だなあ」、と毎度お馴染みの感想を持ちつつ、「吉永小百合が出てる映画をスクリーンで観る」という経験が初めてであることに我ながら驚嘆し、そしてそのサユリさんの演技が思いのほか‘フツー’だったことにも驚嘆し、結局映画の途中で眠ってしまって、起きたら‘つるべ’の出番が全て終わってたことにがっかりして、で、この映画よりも、何年か前の『かあちゃん』の方が良かったよなあ、とか思ってたら、その監督の市川コン(変換してもすぐに正しい漢字が出てこないぞ。面倒なのでカタカナ)が死んでしまって、「ああ、去年(おととし?)セルフリメークの『犬神家の一族』を観にいけばよかった」と思う。

・。‘R-1’が単なる「モノマネ選手権」になってしまわないためにも、‘世界のナベアツ’(「3の倍数でバカになる」ネタは芸術的だと思う)には是非ともR-1で勝ってほしい、と切に思う。

・『Mrビーン カンヌで大迷惑!?』を見に行って、やっぱりこういう映画を「くっだらねえ。理解できない」と鼻で笑うタイプの人間よりは、喜んで入場料払って、涙を流して爆笑するタイプの人間になりたいなあ、と思って、そしたらやっぱり『俺たちフィギュアスケーター』も観にいかなきゃなあ、と思う。

・さっき久々に酔っ払って帰ってきて、何気なくテレビをつけたら出川哲朗とエドはるみが頭からストッキングを被って、‘ストッキング相撲’をやっていて、多分、この一年くらいで、一番笑ったと思う。で、半ばその勢いで書いてるこの日記、もとい、ブログ。

・「ブランキーとかミッシェルのファンだった」ってことはイロンナ人に言ってきたことだけども、そんな俺が、その昔「X-JAPANファンクラブ」に入っていたことは、どっちかっつうと「無かったこと」にしていたフシもあり、とはいえ、ある意味、ソレに青春を捧げたのも確かなわけで、というわけで再結成ライブはやっぱり観にいきたいわけで、チケット、何とかして入手したいのだけど、どうなることやら。

・今の会社に再就職して一年経った。来年の今頃も同じ会社で、同じような仕事を、続けていられたらいいな、と漠然と思うけど、ここ5、6年の自分の流れを考えると、正直どうなることやら、とも思うわけで、なんてことを、やっぱりたとえ0.000001%かもしれないけど‘会社の上司が読む可能性’があるブログで、しかも本名で記す、っちゅうのはなかなかスリリングなことだ。

・炎上ブログ、っつうか自ら放火してやりたいブログ、以上。



 
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-02-16 00:34 | DAYS
で、また1週間が過ぎた。会いたい人とか会うべき人、連絡したい人や連絡すべき人はいっぱいいるのに、忙しさに追われて、忙しさを理由に、誰にも会えず、会わず、連絡とれず、とらず、休日出勤して、気がつきゃ一日も終わりかけて、とりあえず映画を見に行って、とりあえずブログを書く。そんな週末が続く今日この頃。

っちゅうことで『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を観にいった。

素晴らしい。ここ数年のバートン作品、デップ作品、バートン&デップ作品で一番好き。

ウワサには聞いていたけど、予想以上に血みどろだった。それもまた良し。
‘ミュージカル’と‘スプラッター’の組み合わせが絶妙だった。
‘チャリチョコ’のノリであんまり予備知識なく観にいった初デートの高校生カップルなんかは、さぞかし絶句して、気まずくなったことだろう。ざまあみろ、ってなもんだ。そういや「キル・ビルvol1」のときにも、おんなじ気分になったもんだ。

明日からは仙台・北海道出張。そして来週の今頃にはクソ忙しかった仕事も一段落してるはず。コレ読んでるミズキユータの知り合い、友人、家族の方々(どれくらいいるのだろう)、今度の土曜日をもって、ちっとは時間的、精神的余裕が出てきそうです。なので、まんをじして、飲んだりメシ食ったりダベったりしましょう。したいと思ってます。のでヨロシク。

来週末は今週末よりも、イイ週末でありますように。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-02-03 22:40 | MOVIE