ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー

<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

約束があったり、呼び出されたり、偶然遭遇したり、こちらから押しかけたり。

相手を変え、場所を変え、朝から朝まであちらこちらを徘徊。飲みすぎた。

すいません、どれも『ホテル・ルワンダ』とは直接何の関係もありません。
ですが、どこで誰と話していてもその話題は出てきてしまいます。

新橋、渋谷、新宿、台場。
どこで誰と話していても、喋っている自分の言葉が何だか最近、台詞を読んでいるような、
宙を彷徨っているような、‘な~んか今一歩’な感じがしてなりません。

まあ‘秋’のせいにしておこう。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-10 15:20 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌

一年前(11月8日)

このブログとは別に、かれこれ3年くらい‘書いている自分以外は誰の目にも触れられることのない日記’、ようは、本来の意味での紙とペンで綴る日記を毎日つけておりまして。

その日記は、一つのページが「○月○日」となっていて、毎日日記を書くたびに、嫌でも1年前、2年前の自分の日記を見てしまうのです。

で、その日記よると。

ちょうど一年前の今頃。
仕事(映画館で働いていました)を辞める決意をして、上司に直談判しに行ったようです。
結局、それから実際に退職するまでに半年かかり。

一年前は、『ホテル・ルワンダ』の存在なんて知りませんでした。
半年前は、自分の名前が『キネ旬』の記事に載ってしまうなんて想像もつきませんでした。

今から半年後には『ホテル・ルワンダ』の興行の成績も何らかの結果が出てるわけで。
更に一年後ともなると、自分がどこでどんな生活して、何に夢中になっているのかなんて、もはや想像する気も起きませんが。

キアロスタミ風に言うならば、‘それでも人生は続く’ということでしょうか。
ああ、秋は感傷的になっていけませんねえ。っつうか自分の場合、感傷的なのは秋に限らず一年中でしょうが、と自分への突っ込みをしつつ。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-08 19:35 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
キネ旬にも記事が載ってますね」と不意に言われて、慌てて本屋へ。

なんと丸々1ページを使って、『ホテル・ルワンダ』の記事が載っているではありませんか。
前日のデイリースポーツの記事といい、これといい、今日久々に一緒に飯を食った妹の言葉を借りるならば「ホント、エライことなったねえ・・・」というのが一番的を得た言葉なのかもしれません。

キネマ旬報の編集部に伺ったのはいつだったっけかなあ・・・?と思って過去の日記を見てみると9月のはじめだったようです。

そういえばあの日は30度を超える真夏日でした。
今日は久々に11月なのに‘夏日’だったらしく、そんな夏の日のことが、遠い昔のようにも、つい昔のようにも感じられる不思議な日でした。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-08 00:10 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
夕方、一本の電話が。
「今朝のデイリースポーツに『ホテル・ルワンダ』の記事が載りました!」とのこと。

慌ててコンビニ行って購入、で、芸能面を開くと。

な~んとびっくり、‘『TAKESHIS』公開’とか‘熊田曜子が握手会’とかの記事を取り囲むように、そしてそれらの記事の倍程のスぺースで、『ホテル・ルワンダ』の記事が紹介されているではありませんか。

いやあ、ホントびっくりしました。たとえどんな大きなニュースがあろうとも、頑なに‘阪神ネタ’で一面を守り続けるデイリースポーツさんの‘男気’のようなものが、この記事からも感じられました。

考えようによっては阪神ファンと‘ルワ会’の活動は通じるものがあるかもしれません。
信じ続けるチカラとか、純粋さ、とか。自分で言ってりゃ世話ないですが。

ああ、たけしもこの記事を見て、映画を見に行ってくれるといいな。
熊田曜子も見にいってほしいな。ついでにあの辺のグラビア仲間みんな誘って行ってほしいな。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-06 22:37 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌

学園祭(11月5日)

‘『ホテル・ルワンダ』勝手に宣伝部隊’として学園祭の映画関係サークルに突撃取材、じゃないや、突撃口コミ依頼をしてきました。

早稲田大学へ。詳しくは‘近日中’にルワ会サイトにアップ、の予定です。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-06 01:22 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌

Mステ(11月4日)

東京事変(椎名林檎)目当てで、珍しくチャンネルひねって『ミュージックステーション』を見ていたのですが。

ファンが殺到してイベントが中止になった、とかいうニュースで話題になってたWaTというアイドルユニット?も出演しており。

彼等、歌いながら泣いてました。ああいうジャンル(ってどういうジャンルだ?)の人達の割には結構な下積み生活もあったらしく。そんなことに想いをめぐらせて歌っていたら自然と涙が溢れた。

のか、どうかは分かりませんが。

最近やたら‘泣ける映画’とか‘泣ける小説’とか聞くたびに、
「おいおいそれって違うんじゃないんすか?」と思っており。
涙ってあくまでオマケみたいなもんで‘結果’というか‘現象’として現れるもんなのに、なんか‘泣くことが目的’になってる気がしまして。

ただ、その日何気なく見ていた‘WaT’の涙は、なんだか見ていて気持ちのいいものでした。
少なくとも最近やたら目にする映画のCMで、「超泣きました!」とかってロビーで喋っている人たちよりも。

ああ、『ホテル・ルワンダ』は‘泣ける映画’になるのかなあ。
それならそれでお客さんが増えるのならいいけれど。

っつうかアレコレ言っていても、涙もろいもんで、結局『ホテル・ルワンダ』見たときには自分もマヌケな顔して泣いてる気がします。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-06 01:17 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
 7月1日より開始された『ホテル・ルワンダ』の日本公開を求める署名活動は10月15日の郵便局必着分を持って締め切られ、このほど都道府県別の署名数‘ルワ・サイト’の方で発表されました。(この‘分析表’は改めて後日配給会社さんに報告します!)
 こうして見てみると、北は北海道から南は沖縄まで、更には海外からも、ホントに各地から熱い‘声’が寄せられていたのだなあ、と実感します。

 ということで、一応締め切られた署名ではありますが、その後もオフラインの方はちょこちょこと郵便局に届いており。締め切り後も、以前ほど頻繁にではないのですが郵便局に確認行っておるわけです。で昨日、再び「すいませ~ん、局留めの郵便物届いてませんかね~?」と行ってきたのですが。

 思えば、この4ヶ月、何度も何度もそうやって郵便局に署名を取りにいきましたが、「いや~、そういったもんは届いてないですけどね~」と言われたことは一度もありませんでした。

 1通だけのときもあれば、10通近く届いていることもありましたが、必ずそこには‘声’が届いていて、‘全然届いてないや・・・’と、トボトボと郵便局を後にすることは一度としてなく、毎回郵便局に行くたびに皆さんの声によってエネルギーをもらって、そうして気がつけば公開が決定していました。ホントにありがたいことです。

 そして、気がつけば公開決定から一ヶ月。その日、ついに郵便局のおっさんは言いました。

 「いや~特に届いていませんけどね・・・」

 どうやら、おっさんは怪しい通販商品を郵便局で俺が引き取ろうとしていようとしているのかと思ったのか、しきりに「小包じゃないの?代金引換じゃないの?」と尋ねてきて困りましたが。

 で、かくかくしかじか、と説明するのも面倒なので

 「ああ~そうですか・・・じゃあまだ届いていないのかもしれないです・・・また出直します」

とだけ言って、中野郵便局を後にしました。

 ある意味、この日はそれはそれとして、また別の感慨深さがありました。

 ああ、もう署名は集めなくていいんだ・・・という安堵感といいますか。

 まあ、地方から署名を届けてくださった方のためにも、安心ばっかりしていてはいけないのですが、とりあえずは、また一つの区切りを向かえたな、と。

 と、いうことで、中野郵便局のミナサマ、毎回早朝とか真夜中とか、ヘンテコな時間にお邪魔してはお手数をおかけしました。が、皆さんの日々のお仕事が、とある映画が日本で公開されるに至った足取りに多かれ少なかれ貢献していることは間違いないでしょう。お疲れ様です&ありがとうございました!

 とはいえ、多分来週にも念のため、もっかい郵便局に行く気がします・・・
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-04 23:04 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
『ホテル・ルワンダ』のオフィシャルサイト設置の打ち合わせの為に配給会社メディアスーツさんにお邪魔してきました。

映画もロックバンドも芸能人も何でもそうなのですが、日ごろ見ているサイトって
‘オフィシャル’なものよりも‘アンオフィシャル’なモノの方が面白いことって結構あります。

で、この『ホテル・ルワンダ』の場合は、いわゆる‘ルワ会サイト’がアンオフィシャルなサイトになり、これから開設されるサイトが当然、オフィシャルになるわけですが。

今日、いろいろとお話を伺った感じだと、『ホテル・ルワンダ』オフィシャルサイト、なかなか面白いモノになりそうです。‘オフィシャルとアンオフィシャルのコラボレーション’みたいなこともできたらイイなあ、と例によって期待や妄想も膨らみます。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-03 01:59 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
月も変わったし、そして‘ブログ日付’と‘実際の日付’の間でついに2日分も‘間’が空いてしまったので、ぶっちゃけたことを言ってしまいます。


最近、ちょっと、コレ、書くの面倒くさい。


ああ、ついに言ってしまいました。禁断の台詞。

なら、やめりゃあいいじゃん、って話なのですが。


‘面倒くさい’と言っておきながら、更に面倒なことを言うならば、そう言っておきながら、このブログのタイトルにあるように
【『ホテル・ルワンダ』公開まで続ける活動日誌】が、文字通り、‘公開まで続くのか?’ということに他人事のように興味もあるわけです。更には、もはや妄想以外のナニモノでもないのですが、
「これを公開初日まで続ければ、初日の上映が各回満席になる」という根拠のない思い込みも勝手に持ってしまっているのです。

なので、まだ止めませんので、このブログ、引き続きヨロシクお願いします。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-03 01:50 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
またしても‘前日の日誌’になってしまいますが。

ゆうべ(10/31)は23時半くらいに帰ってきたのですが、エラク疲れていたので早々に就寝。

で、今日(11/1)、さっきメールを確認したら、ゆうべ24時以降にイロイロとメールが届いており。

『ホテル・ルワンダ』‘日本公開を求める会’から‘応援する会’に変わるにあたって、なかで動いていたスタッフ間で、‘移行作業’がコマゴマとあり。そのへんのところ、他の方に任せっぱなしになってしまっているのは否めず、ホント申し訳ない。

数ヶ月前にも同じこと言っていた気がするが、この借りは今後の‘応援活動’で必ず返す。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-01 20:18 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌