ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2005年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

先週末、‘ルワ会・副代表’箱男さんたちと飲みに行ったときに、いかがわしいトラックバックを削除する方法も知らない俺に対して、
「ブログのデザイン、変えてもいい?」と箱男さんからお申し出があり。

「どうぞ思いのままにヤッチャッテください」と返事をしたのですが。

突然(レイアウトが)変わっていたのでびっくりしました。
なかなか素敵だと思います。箱男さんありがとう。

で、個人的にもちょっと‘リニューアル’な出来事がありました。
近日中にご報告できるかと思います。

気がつけば‘『ホテル・ルワンダ』教室’@東京経済大まであと二日。
友人達に宣伝するも、やはり平日昼間のせいか、それともあまり興味がそそられないのか、なかなか芳しい返事が得られず。

当日キャンパスでのビラ配りを頑張ろう。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-29 22:12 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌

あと数枚(11月28日)

100枚刷った‘『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会’の名刺がいよいよあと数枚になってきました。

っつうかそんなに配ったっけ?とも思うのですが、そういえば酔った勢いでとにかく‘協力してくれ’と友人に怪訝な顔をされながら名刺を渡したこともあったっけ。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-29 22:04 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
たけし軍団のアル北郷さんがご自身のブログで『ホテル・ルワンダ』を見た、と紹介しているとの情報を入手。アル北郷さんといえば、『TAKESHIS』にも出演していましたが、ブログ等々を拝見したところかなり映画がお好きな模様。コラムも持っているとか。

ホテルワ、とりあえず褒めていらっしゃるようで良かったです。
アル北郷さんと深いつながりのある水道橋博士もかつてブログでホテルワを紹介してましたが。

オフィス北野及びたけし軍団に‘ホテ・ルワ’ブームが巻き起こって最終的にたけしが
‘いい映画じゃねえかコノヤロー’と言ってくれたらなあ。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-27 23:28 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
‘ルワ会’発足当初から活動を共にしてきた箱男さん、フナトさん、そして先日のミラノ座CMフェスティバルで活躍してくださったまいサンと共に、高円寺で飲むことに。

なんだかんだで映画の話で盛り上がり。
あの映画は良かったとか、今年のベストは?とか。

『ホテル・ルワンダ』というたった1本の映画を通じて知り合った者通しではありますが、
気がつけば‘フツーの飲み仲間’になっています。

で、聞くところによると、本日は他にも各地で同様に‘ホテ・ルワを通して知り合った人の集い’が
催されていた模様。

これも映画の力ならば、やっぱり凄いというか素敵なことだと思います。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-27 01:19 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
来る12月1日に、評論家で東京経済大学教授の粉川哲夫先生のご協力で、
『ホテル・ルワンダ』教室(粉川ゼミ特別企画)が、東京経済大学で行われます。
(くわしくはコチラを!是非ご参加ください!)

そのご挨拶、打ち合わせ、下見のために東京経済大学@国分寺へ。

粉川先生にまずはご挨拶を、と思ったのですが、あいにく到着したときには授業がはじまってしまっており。

授業が終わるまで、待つことに。
で、ちょうどそれが‘学生以外も聴講自由’の授業だったのですが。

先生の授業では外部からいろんな方を招いて、音楽や舞台を鑑賞するということが多々あるようなのですが、その日の‘ゲスト’が古澤栲さんという‘首吊りパフォーマンス’をされる方だったのです。

自分がその‘粉川教室’に入ったときはまさにその‘首吊りパフォーマンス’の真っ最中。
全く予備知識が無かったのでかなりビビリました。
20人ほどの学生に囲まれて、特別教室の天井からぶら下げられてロープで延々10分近く
首を吊られ続ける‘古澤さん’。

この方、御年は30代から40代くらいのいかにも‘表現者’という感じのおじさんなのですが、
あとから伺ったところによると、10年以上このパフォーマンスを続けていて、海外でも公演をするなど、一部ではかなり有名な方のようです。偶然とはいえ、ものすごいもんを見せてもらいました。

ということで、すっかり‘ホテ・ルワ’どころじゃなくなってしまって、更には学生と共に‘首吊りパフォーマンスを見た感想’まで発表するハメになってしまって、それはそれでおもしろかったのですが。

で、ようやく授業が終わり。

いざ粉川先生の元へ。

前日にこの企画を発案してくださって‘ルワ会’のチラシのイラストも手がけてくださっている 
5*SEASONさんが先生に挨拶してくださっていたおかげで、先生も快く応じてくださりました。

12月1日、なんとか成功させたいものです。

粉川先生、今回の企画の話があるまでどんな方なのか存じ上げなかったのですが、聞くところによると、様々な伝説をお持ちの方で評論家としても大変優れた方とのこと。

が、お会いした限りでは、そういった雰囲気よりも‘素敵なおじさま’という感じで、大変ホッとしました。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-26 11:57 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
何とか‘当日’にこれを書こうと思いつつも、あと数分。

『ホテル・ルワンダ』のオフィシャルサイトが暫定オープンしたそうです。

まだトップページだけのようですが、やっぱり‘オフィシャル’なものを目にすると
今更ながら‘あ~ホントに公開するんだ・・・’と実感します。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-24 23:49 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
新宿の漫画喫茶にて。

さっき、タワレコで『ホテル・ルワンダ』のサントラ(輸入版)を買ってきました。

自分は基本的にサントラは‘映画を見てから買う’人でして。
あと、あの国内盤CDジャケットの‘帯’が好きなので、輸入盤は普段は買わないのですが。

タワレコの‘スタンプ2倍’に誘われて、つい買ってしまいました。(国内盤も年明けには発売されるようです)

で、この満喫の密室でサントラを聞いていたら、なんだかここ最近のユーウツというか煮え切らなさが洗われたような気分です。

っつうか冷静に振り返ると、この2週間ほどは、正直ダラけ過ぎました、いろんな意味で。

まあ、自分への言い訳というか慰めを言うならば、6月から続いていた‘突っ走り期間’の反動かもしれません。たぶんこの‘ダラケ期間’も避けては通れないものだったのだと思います。

そういえば、ずっと更新が止まってしまっている、不定期連載日本海からルワンダへ
にヘンテコなトラックバックがついてしまっていますね。ちょっと消し方もわからないのですが

「早く続きを書け!」ってことなのでしょうか。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-23 19:08 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
朝、帰宅。
一晩のうちにメールがたくさん来てました。
ちょっと読むのだけで疲れてしまいました。

『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会が発足したのが6月19日。
あの日以来、いろんな期待と不安に引っ張られて今日に至るわけですが。

好きで、楽しくて始めたはずなのに、なんというか、確実に‘重荷な感じ’は増しているわけです。
 で、‘重荷’を消化できるのは‘行動あるのみ’というのも頭ではわかっているのですが、
なかなかそれも伴わず。

まあ、こんな日もあるさ、ってことで。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-23 10:41 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌

取材(11月21日)

久しぶりに取材を受けました。

取材をして頂くたびに感じることなのですが、やはりこの話題(『ホテル・ルワンダ』のこと)に興味を持ってくださる方というのは、圧倒的に‘映画ファン’であることが多いです。

なので、『ホテル・ルワンダ』の話は当然ながら、ついつい最近の「あの映画ご覧になりました?」とか「あれはイマイチでしたね~」といった話題になってしまうのが、楽しいというか何というか。

映画ファンの人となら誰とでも打ち解けられる、ということを、ここ数年信じているわけですが、
取材を通してもそれを実感しています。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-23 10:18 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
お見舞いの電話やメッセージをくださった皆様、ご心配おかけしました。&ありがとうございました。

まだ万全ではありませんが、なんとかこうしてたまった日誌を書けるぐらいには体調は回復いたしました。(例によって‘やっつけ日記’なところもありますが・・・)

ということで、あらためて『ホテル・ルワンダ』公開のその日まで、‘アツさ’と‘ユルさ’を忘れずに
これ、書いていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-21 14:07 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌