ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー

<   2005年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧

高校の同級生の家に遊び行ってきました。まともに会ったのは数年振り。たくさん飲みました。

はやいもんで、出会ってから10年くらい経つのかねえ。

サッカー部で走り回ってたオマエは今やステキな家庭を築きつつあり。

俺はといえば、昔みたいに「えいがかんとくになる」なんて今じゃあ真面目な顔して言える年では
なくなってしまって、‘ビーイング’の中吊り広告を見ては、アレコレ考えていますが。

‘日本の映画業界’や‘アフリカの民族問題’とかってのはあまりにもデカすぎて、それについて俺なんかがとやかく言える立場ではないし、言おうとも思ってなくて。

まあいつもみたいにオマエに‘相変わらずだなあ’と笑ってもらえるために、映画を追っかけてたら気づいたらこんなことになっています。

 富山でも上映されるくらい『ホテル・ルワンダ』がヒットすればいいな。

なんてことを思いつつ、本日は京都の漫画喫茶にて。

今夜は大学時代の友人の結婚祝い。スイマセンがもう一晩だけ酔っ払わせてください。

明日からまた、‘ルワな日々’に戻ります。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-10 14:05 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
誰に頼まれているわけでもないのですが、ここまできたら意地でも‘公開’その日まで毎日この
‘活動日誌’を書き続けてやろう、と。そんなわけで昨日に引き続き、漫画喫茶@富山よりお届けしております。

 はやいもんで公開決定報告から1週間が経ち、これからのルワ会のこと、どうやって応援していくか、頂いた署名の地区別の集計、その他、アレコレとあって落ち着きませんが、とりあえずは‘あの日’のことを。

 
 それは、渋谷で女子高生に囲まれながら一人で『NANA』を見て、ぽか~んと口を空けながら、「やっぱ宮崎あおいは可愛いのう・・・」と毎度おなじみのコトを思っていたときでした。

 当然ながら映画鑑賞中は携帯電話の電源はオフにしていたのですが、映画館を出て留守電をチェックすると、配給会社メディアスーツさんよりメッセージが。

 ばらまいている名刺やチラシにバッチリ自分の携帯電話の番号が記載されているので、‘思いもよらない相手’から突然電話を頂くことは、もはや珍しいことではなかったのですが。

 さすがに‘配給会社の方’ともなると、「な、な、何事だ・・・?」という気持ちになるわけで。

 で、メッセージの内容が「お話したいことがあるので、また電話します」とのことで、具体的な内容が分からないだけに、余計にいろんなことを想像してしまうのですが。時間も遅かったし、かけなおすにもその場ですぐに番号が分からなかったので、そのまんまスタジオに行ってバンドの練習したりなんだりで、まあフツーに過ごし、夜中に‘ルワ会副代表・箱男サン’の家に行って、二人でアレコレと話はするものの、まさか‘そんなこと(公開決定)’になっているとは夢にも思わず、結局いつものようにオンラインの署名数やメールを確認して、その日は床に就いたのでした。

 翌朝。おそらくは再びメディアスーツさんから電話がかかってくるだろうと思って、早起きするつもりだったのですが、夜更かしがたたって起きられず。結局メディアスーツさんからの電話で目を覚ますこととなりました。

 普段から、バイトが朝終わって、昼間に寝て、という生活なので、「電話で目が覚める」ということは少なくないわけですが、あとになって「何話されたか(話していたか)覚えていない」ということがよくあります。

 が、このときばかりは、もう目が覚めるどころではありませんでした。

 受話器から「実はウチ(メディアスーツさん)が(『ホテル・ルワンダ』を)買いました」という声を聞いたとたん、もう目が覚めるどころではなく、なんだか頭が真っ白になったのでした。

 そしてこの日、すぐに箱男さんと共に、詳しいお話を聞きに都内の某ホテルに伺うことになったのでした。

 続く。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-09 13:56 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌

故郷にて(10月8日)

ということで、富山県は海沿いの小さな田舎町の、‘寂しげな漫画喫茶’より本日はお届けしています。(実家ではパソコンができないのです)

以前に、御自身のブログで‘『ホテル・ルワンダ』が気になる’と仰っていた、浅草キッドの水道橋博士が先日(10月2日付)のブログで‘公開決定’ということを取り上げてくださいました!

博士、ありがとうございます!

題材的に‘な~んかトッツキにくそう’と思われがちな『ホテル・ルワンダ』ですが、水道橋博士のような方が、関心を持ってくださるとフツーに「‘おもしろそう’(この言葉は語弊があるかもしれませんが敢えて)で‘イイ映画’っぽい」と思ってくれる人がたくさん出てきそうな気がします。

‘あの人も実は見たがっているらしい’

そんな目撃情報もお待ちしています!

ぼちぼち‘退出’しないと‘延長料金’を取られてしまうので、本日はこのへんで。

‘ルワ会の一番長い日~公開決定の報を受けた日~’のことを書こう書こうと思いつつ。また書けず・・・
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-08 18:02 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
もういい加減疲れたし、公開決定も決まったし、ちょっと田舎に帰って・・・
というわけではなく、‘法事’のため、故郷富山に今晩より、しばし帰省します。

3日程東京を離れるので、先程郵便局に行って、オフライン署名分を引き取ってきました。
まだ未集計ですが‘けっこうな数’が届いていました。ありがとうございます!
ためてためて、送るチャンスをうかがっていたと思われる方からのものもありました。
オンラインの署名は終了しましたが、今月15日必着分までオフラインの署名は受け付けていますので、手元にある方はご送付、お願いします!
‘5000’の大台にどこまで迫ることができるでしょうか・・・?
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-07 17:42 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
ということで『ホテル・ルワンダ』を配給してくださるメディアスーツさんへ御挨拶に行ってきます。
それだけで緊張なのに、友人の結婚式以外に足を踏み入れたことのない
‘代官山(に会社があるそうです)’に行くこと自体が、田舎モンの自分には結構大仕事。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-06 14:53 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
っていうか前回の分を更新してからまだ数時間しか経っていない・・・
いろいろと書きたいこと報告したいことはあるのですが、心身共に余裕なく、ちょっとしばらく
‘3行日記’が続きそうです・・・
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-05 16:36 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
 ゲストブックでの皆さんの声が、本当にこれまでの不安や疲れを吹き飛ばしてくれます。
お一人づづに御礼を申し上げたいところですが、ままならず、この場を借りて改めて感謝致します。

 本当にありがとうございます。

 まだまだ十分に行き届いていないのですが、この数日はやはり今回の決定の報告と御礼に追われる日々でして。

 昨日(10月4日)は、WAVE出版さんに挨拶へ。『ホテル・ルワンダ』の主人公も登場する『ジェノサイドの丘』。こちら発売は数年前なのですが、今回の公開運動に際して、WAVE出版さんのサイトトップで、この本を紹介すると共に、‘ルワ会サイト’のリンクも貼ってくださっていました。ありがとうございました!

 夜、公開決定以来、はじめて郵便局へ。引き続き署名は届いています。サイトでもご案内しているように、今月15日までオフラインの署名は受け付けています。これまで頂いた署名同様に、こちらも‘署名総数’に加えさせてもらいますので、手元にある方はどうぞ宜しくお願いします。 
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-05 10:01 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
ということで、昨晩、『ホテル・ルワンダ』日本公開を求める会HPにて

今春の日本公開決定を発表する運びとなりました。

 ‘一夜明けて’というよりも、あれから24時間以上経過したわけですが。

こんなにも多くの方から‘おめでとう’という、言葉を頂いたのは大学に受かったとき以来、いや、それ以上かもしれません。

 本当に、本当に、ありがとうございます。共に活動してきたスタッフ、ご協力頂いた皆様、見守ってくださっていた皆様、この‘公開運動’に関わった全ての方にいくら御礼を申し上げても足りません。そして何よりも、今回の決断をしてくださったメディアスーツさんに対して。

 確かにこの3ヶ月、特に夏以降、次第に公開運動への注目、署名数が増してくると共に、プレッシャーと不安も増していきました。確かにそれはある意味ヘビーでしたが、いろんな方が盛り上げていただいて‘お膳立て’をしてくださった土台の上を、自分は無我夢中でかけずり回っていたに過ぎません。

 ですから、「ありがとう!」という気持ちもですが、どちらかと言えば、握手をしながら「俺たちヤッタね・・・!」と喜びを分かち合いたい気持ちの方が強いのかもしれません。 

今回の知らせ、本当に突然だったものですから、いまだこのような場所で、自分の気持ちをどう言葉にしたらいいのか分からないままにコレを今書いています。

 
 
 今回の決定を受けて、ひとつ思い出したことがあります。

 自分は特にサッカーが好きなわけではないのですが、日本代表が初のW杯出場を決めた直後の中田英寿選手のコメントです。定かではないのですが、歓喜に沸く試合終了直後のスタジアムでのインタビューで、中田選手は、一言

 「今度はJリーグを宜しく」

そんなことを言っていた記憶があります。

 皆が喜びの真っ只中にいる中で、かつての大ブーム程の盛り上がりは無くなりつつあった‘Jリーグ’に対しての冷静な分析?を敢えて言っていた(ように見えました)

 確かに今回の‘公開決定’は、‘W杯出場’並に喜ばしい出来事であり、多くの映画ファンにとっての‘快挙’だと思います。

 ただ、これで映画がコケてしまったら、なんにもなりません。

 事実、現時点で決定しているのは、東京都内での公開だけです。

 映画がヒットして、全国各地でこの作品がたくさんの人に受け入れられて、はじめて‘成功’したといえるのだと思います。

 
 公開決定お祝いの場で、アルコールの力に押されながらそんなことを話ししていたら
「つまりは、‘足もとを見つめろ’ってことだよね」と言われました。

 日頃、何をやるにしても‘足もと’を見ることを忘れ、‘かなり前’と‘後ろ’ばかり見てしまう自分なので、そんなことを思ったのかもしれません。

 なんだか、書けば書くほど収拾がつかなくなってきそうなので、そろそろシメに入ります。

 またまたグダグダと書いてしまいましたが、やっぱり、今一番声を大にして言いたいのは、

みんな、本当に、ありがとう!
 
 ただ、それだけです。

 このブログのタイトル、自分で考えたのではなく、他の方によるものなのですが

「‘公開まで続ける’活動日誌」です。「公開‘決定’まで」ではありません。
このような状況になったいま、まさにこのタイトルをかみ締めております。

 サイトでも案内しているように、オフラインでの署名は10月15日必着分まで受け付けたうえで、これから届く署名も、これまで頂いた署名と同価値のものとして、最終的な署名数に加えます。ということで、もうしばらく郵便局には通いますので、どうぞ宜しくお願いします。

 しつこいようですが、最後にもう一度。

 本当にありがとうございました!そしてこれからも宜しく!


 ということで、これでこの日記は最終回ではありませんのでアシカラズ。 
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-04 00:14 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
あと2時間後に、サイトの方で重大発表があります。

こんな夜に限ってバンド練習やらバイトやらで朝まで帰ってこられないのがツライ。

どっちもサボッちまうか・・・

いやいや、これ以上周りに迷惑はかけられない・・・
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-02 15:55 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌
10月になっちまった。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-10-02 06:18 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌