ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 01月 14日 ( 1 )

The Birthday@日本武道館

 1999年夏。北海道で開催された記念すべき第一回・ライジングサンロックフェスティバル。サマソニもロックインジャパンも生まれる前、ロックフェスと言えば認知されているのはフジロックくらいだった当時、この‘ライジング~’(通称エゾロック)の参加バンドは、錚々たるメンツだった。電気グルーヴ、ナンバーガール、ドラゴンアッシュ、マッドカプセルマーケッツ、ハイロウズ、椎名林檎、ブランキージェットシティ、プリスクール、スーパーカー、サニーデイサービス、UA・・・。今となってはほとんどが解散か活動停止している人たちで、まさに文字通り‘伝説’のフェス。
 で、そのエゾロックの真夜中のステージで、初めてナマでチバユウスケ(ミッシェルガンエレファント)の歌声を聞いた。当時のミッシェルは『ギヤ・ブルース』の頃。解散後の今振り返るならば間違いなくアレが全盛期だった。そして同じく初めて目にする生ブランキーや、‘伝説のバンド’の数々に圧倒された当時20才の俺は、この夏を境に高校時代以来のバンド活動を再開し、その後はロックに踊らされ、悩まされ、励まされ、打ちのめされる青春を過ごしていくことになるのだった…。

 前置きが長くなった。そして思い出に浸り過ぎて、なんだか自己陶酔もホドホドに・・・な前置きになってしまった。
 それはさておき、とにもかくにも、2008年現在のチバユウスケが所属するバンドThe Birthdayを見に、日本武道館へ行った。
 浅井健一のソロライブで「ロメオ」(ブランキージェットシティ)が、吉井和哉のソロライブで「バラ色の日々」(イエローモンキー)が、一番のハイライトになってしまうように、どうしても「元・伝説のバンド」のファンっちゅうのは、いくらアーティストが「次」に向かっていても、「そ~ゆ~もん」を求めてしまうのは否めない。

 で、ベンジーや吉井と違って、チバはThe Birthdayで絶対にミッシェルの曲をやらない。それがこちらとしては嬉しいというか残念というか。そしてミッシェルの曲とThe Birthdayの曲と、個人的にどっちが好きかっつうと、やっぱり間違いなくミッシェルであるという後ろめたい現実。けれども、今回の武道館ではミッシェルの曲をやらない代わりに、元ミッシェルファンにはたまらん曲が1曲あった。「KAMINARI TODAY」という曲。こんな歌詞。エレカシの「俺たちの明日」にも通ずる、「青春振り返りソング」だと思う。この1曲のためだけにチケット代払ったと言ってもいいかもしれない。

 と言いつつも、ここんところの寝不足がたたって、よりによってライブ中に一瞬眠ってしまった。チバユウスケの子守唄。これもある意味ゼイタクだ。眠ってしまった、と言えば『ジェシージェームズの暗殺』では、少なくとも1時間以上は眠ってしまった。

 こんなブログ書いてるヒマがあったら、たまにはとっとと寝よう。
 
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-01-14 23:12 | MUSIC