ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 01月 28日 ( 1 )

夏に輸入版のDVDで、秋に試写室で、一応『ホテル・ルワンダ』は見たのですが。しつこいようだけど、純粋な意味ではまだ‘観た’とは思っていません。

‘時間調べてチケット買って劇場に行く’ことこそが、自分にとっては‘映画を観る’ということなので。
 今すぐに『ホテル・ルワンダ』を観られる環境ではない方には申し訳ないですが、それこそがロクに映画館が無い(今はシネコンがいっぱいできたらしいけど)、田舎の富山を離れてからのこの10年近くこだわってきたことなので。で、ようやく明日は『ホテル・ルワンダ』を見ることができそうです。

ということで、この数ヶ月のこのブログを読み返してみました。

たとえば、公開が決まる前のアレコレがいろんな形で今繋がってきます。

先日アップされた日経EXRESSの‘『ホテル・ルワンダ』が公開されるまで’の記事によれば、
日本での公開が水面下で検討されはじめてきたのは、2005年の8月くらいのことだったようですが、当時はそんなことは露知らず。ちょうどその頃は、このブログの‘毎日更新宣言’をしたりもしていました。ああ、だったらもっと締まった文章書いとくべきだったなあ、と思ったり思わなかったり。

9月の日記を今読み返すと不思議な気分になります。

大阪まで毎日新聞の記者さんに話をしに、話を聞きにいったこともありました。あれから数ヶ月経ってその記者さんは、先日記事で大きく‘いよいよ公開!’と取り上げてくださいました。

公開未定の映画のチラシの配布、そして署名に協力してくださった新潟シネウインドでは実際に2006年春の『ホテル・ルワンダ』の上映が決まりました。

今日1月28日からは、猛暑のなか、ミーティングに応援として駆けつけてくださった立川シネマシティでも上映がはじまりました。

‘人の縁を大切に、感謝の気持ちを忘れずに’
ばあちゃんの言葉が例によって思い出されます。

そういえば12月に苦労しつつも書かせて頂いた原稿が掲載された雑誌が発売されました。
ecocoloという雑誌です。良かったら読んでみてください。
[PR]
by hotel_rwanda | 2006-01-28 22:53 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌