ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2006年 01月 15日 ( 1 )

2006年1月14日、映画『ホテル・ルワンダ』が遂に日本で公開されました。

劇場はシアターN渋谷。10時30分の初回から20時35分の最終回までの全5回、全て満員札止めとなりました。急遽やらせてもらうことになった‘舞台挨拶’で、「この映画の公開が当初決まらなかった理由の一つが‘日本ではお客さんが集まらないから’と言われていて・・・」と熱気で溢れ変える場内に向かって話しをしているのは、ナンだか不思議な気分でした。

とにかく、言いたいことはただ一つ。

『ホテル・ルワンダ』に関わった全てのみなさん、本当にありがとう!

一人一人の呼びかけの結晶が今日の大盛況につながったと思います。ただただ感謝です。

個人的には達成感や満足感よりも、ただただ‘ホッとした’という気持ちに尽きます。この数日は映画館がお客さんで溢れ変えるだろうという期待と、‘誰も来ないのでは?’という不安がキレイに五分五分で頭のなかをかけめぐってました。


で、半年以上も‘公開を待ち焦がれる’日記を書き続けた者として今日ここで映画の感想を述べるべきだと思うのですが。

今日は映画を見ませんでした。見れませんでした。

実はこのブログ上ではネタにしてませんでしたが、先日一足先に『ホテル・ルワンダ』の試写会に立ち合わせてもらっていました。(劇場でお金払って見てこそ!という思いも強かったのですが、取材などで‘見どころは?’と聞かれることも多く、現在の立場を踏まえて鑑賞しました)

とはいえやっぱり初日に劇場で見る、という気持ちは強かったのですが、全5回が満員で立ち見でも入場できずに諦めて帰っていく人も続出する状況です。遠くから来てくれた人もいるでしょう。試写とはいえ‘一度見た人間’が我慢すりゃあ少なくとも一人は見ることのできる人が増える、ということで、また映画館では日を改めて見ることにしました。

何となくこうなることは前日から予感はしていました。なので、自分のなかで納得させるめ、‘当日劇場に一番乗りで並ぶ’ということを計画。

AM8:15、シアターN渋谷前。初回上映の2時間前なので、さすがにお客さんはまだ誰もいませんでした。

さてさて、このブログは「日本公開まで続ける」活動日誌として長い間書いてきました。‘日誌’というよりもボヤキになっている日々も多々ありますが、この数ヶ月はネット上で一番気楽になれる、安らぐ場所でした。少しづつ増えていくアクセス数も励みになりました。本当にありがとうございます!

‘日本公開’を迎えた本日をもって、このブログはいったん終了となります。

東京の公開はまだはじまったばかりだし、これから数ヶ月かけてホテ・ルワが全国をまわっていくわけですが、今までのように‘毎日書いていく’というのは終わりです。

また何か報告すべきこと、思うことがあったときに、ふと思い出して書くかもしれません。

何はともあれ、本当にありがとうございました!
[PR]
by hotel_rwanda | 2006-01-15 10:44 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌