ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Like a Rolling Stone

まもなく、3年半住んだ今の部屋を離れて、東京生活で5軒目の部屋に引越をする。大学卒業してからの7年半で5つ目。しかもこの間、狙ったわけじゃないのに住所が杉並区→中野区→杉並区→中野区と変わって、次は案の定、杉並区。自分で自分に「何がしたいんだオマエは」とツッコミたい。振り返れば、大学時代も引越貧乏だったから、高校卒業と同時に実家を離れて以来約12年間で8つの部屋を移り歩いたことになる。これはもう‘引越病’と言ってもいいかもしれない。

元を辿れば小学校でも中学校でも‘転校生’だった。
‘元・転校生’の人間は、「永遠に続くものなんて何も無く、何事にもいつか終わりや別れが訪れる」みたいな、独特の諦念というか価値観を強く持つ傾向にある、みたいなハナシを聞いたことがある。で、妙に納得した記憶がある。かといってそれは「何をやっても長続きしない」というのとも違う。むしろ自分に限って言えば「一度始めたら根気強く続ける」方だと思う。(まあ仕事(会社)は別として。)でも、確かに何するにしても「一体いつまで続くんだろう」と思いがちなのも否定はできない。

「ココではないどこか」という言葉はあまり好きじゃない。っつうかむしろ嫌い。でも住まいにしても職場にしても、知らぬ間にそういう感覚がカラダにこびりついてしまっているのかもしれない。やっぱり「石の上にも3年」で「継続は力なり」だとは思うのだけど。

このブログは元々「『ホテル・ルワンダ』日本公開まで続ける活動日誌」として2005年の初夏に始まり、その後「ホテルワ」の公開決定(&その後のすったもんだ)を経て、更に一年間のブランクを経て、2008年より「エイガミタイナマイニチ」として復活しました。つまり、ちょうど今の部屋に引っ越してきた直後にこのブログが始まり、「ハイツあかしや(今のアパートの名称)混沌の3年半」が幕を明けたことになります。

この3年半の間に、就職を2回、退職を1回、バンド活動を2回、失恋を1回、アルバイトを数え切れない程、経験した。今までのミズキユータの人生で一番スポットライトが当たったのはホテルワ絡みでテレビや雑誌の取材を受けたときで、この部屋だった。そして同じく今までの人生で一番のどん底を経験したのも、この部屋だった。そんなわけで、この部屋を出るということには感慨深いもんがある。

引越の準備をしつつ、いろんな懐かしいモノ、ずっと大事に保管してきたモノをガンガン捨てている。西暦2008年現在、人類は、テクノロジーは、未だ「生まれ変わる」という技術を発明していないけど、「お引っ越し」こそがソレに一番近い手段だと思う。毎度そう思う。

引越の度に「Like a Rolling Stone」を思い出す。そしてその流れで日本語のことわざで「転がる石にはコケが生えない」みたいな言葉を小学校か中学校で習ったことを思い出す。更にその言葉にはイイ意味、悪い意味、2つの意味があったことも思い出す。

いい機会なので改めてネットで調べてみた。

「転石苔を生せず」
意味(1) 職業を転々としている人は、金が身につかない。
意味(2) 活発に活動を続けていれば、時代に取り残されることは無い。

今んところ自分には(1)も(2)も当てはまっていると思う。これからは(2)だけにしていきたい。

3年半、このカオス部屋に遊びにきてくれた皆さま、ありがとうございました。
っつうことで「ハイツあかしや101号」で記すブロブもこれが最後。

なんか‘最終回チック’ですが、このブログは終わりません。。。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-10-25 01:04 | DAYS