ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『たみおのしあわせ』@シネマート新宿

オダギリジョー&原田芳雄演ずる父子が、息子のお見合い話(相手は麻生久美子!)を発端に、ホントの幸せとは何かを悩みながら右往左往する映画「たみおのしあわせ」。だいぶ前から凄く見たかったのだけど、なんやかんやで‘温存’しているうちに、ふと「ぴあ」を見たら今週で上映終了。今日を逃すと最後。っつうことで、ほぼ徹夜明けで途中で眠ってしまうのを覚悟しつつシネマート新宿へ。

シネマート新宿、初めて見に行ったがむちゃくちゃ醜い、もとい、見にくい。狭いなら狭いなりの工夫ってもんがあると思うのだけどなあ。で、案の定、中盤少しウトウトしてしまった。が、少なくとも起きていた(見ていた)部分はおもしろかった。

父親と30歳過ぎの息子が、サシで飯を食いながら取り留めのない会話をする。

その、‘父とイイ歳した息子が二人で地味に朝メシ’というシチュエーション自体が、スクリーンに映ると新鮮で、最近観た映画では味わったことのない気分になった。映画を見ながら、ああ、オヤジと二人でゆっくり喋ったのっていつが最後だったっけなあ、二人っきりでメシ食うことってこの先あるのかなあ、あったらいいなあ、と思った。

とことで、ある時期オレは、飲み会で酔っ払う度に「バンドするよりも小説書くよりも映画撮るよりも何よりも、結婚したり子供育てたりすることのほうがクリエイティブなことで、究極の芸術なのではないか!?」とか言って周りの人を困惑させていた。

「たみおのしあわせ」を見て、久々にそんな自分の暴論を思い出した。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-09-07 21:32 | MOVIE