ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

日記バカ

「ノーカントリー」や「実録・連合赤軍」や「バンテージポイント」など、最近見た映画について日記を書こう、と思って昨日途中まで書いていたのだけど、急遽内容変更。

僕は、私は、オレは、3種類の日記を書いている。書いています。書いているんだぜ。

一つは、まさに今年から再開したこのブログ。理屈上・物理上は、世界中の(ネット環境下の)全人類に向けて書いているわけで、読者の数も無限大。(実際は1日あたり20前後のアクセス数ですが。。。)
もう一つは、3年程前からやってるmixiのミクシィ日記。これはまさに文字通り「友達の友達にまで公開」しながら、月1ペースで書いている。
そしてもう一つは、自分だけが読む事のできる‘日記帳’の日記。紙とペンで綴るそれは、14歳のときに書き始めて、今日に至るまで(数日分をまとめて書くこともあるけれど)十数年間、毎日欠かすことなく書き続けている。

この3つをどう書き分けているのかは自分でもよく分かってない。それぞれに明確な動機もない。日記なんて1種類ありゃ十分だ、とも思う。が、書きたいもんは仕方が無い。で、それを書く場所・読まれる相手が、何であれ誰であれ、日記やブログというのが日々の記録であるなら、できる限り、嬉しい事もムカつくことも楽しいことも悔しいことも平等に正確に記していきたいと思う。たとえば、親や友人が亡くなったら、「親や友人が亡くなったので日記が書けない」というのではなくて、「親や友人が亡くなって悲しい」という日記を(↑の3種類のどっかで)書きたいと思う。たとえリアルタイムじゃなくても。まあ理想論ですけど。実際そういう事態になったら、それどころじゃないとは思うけど。

自分でも毎度ウンザリする「理屈っぽい前置き」、以上。

以下本題。

昨日、自分の身近なところで、もの凄く残念で、悲しくて、切ない、信じられないような、信じたくない出来事があった。

これまでの29年間の人生で味わったことのない種類のショック。
敢えてたとえるなら、失恋したときとか、大好きだったバンドが突然解散することを知ったときとか、そんな感じ。(なあんだ、その程度か、と思う方もいるかもしれません。が、この2つは青春時代にとっては「世界の終わり」がやってきた程に衝撃的だったもんです。)

アタマの中がまとまっていない状態で書くと、やっぱ文章もまとまりませんな。
でも、これだけは「世界中に向けて」言っておきたい。

一度受けた恩は忘れない。いったん好きになったもんは、そうそう嫌いにはならない。

また次回から映画中心のダラダラ日記に戻ります。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-03-26 00:39 | DAYS