ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中村達也と仲間たち@代官山UNIT

我が永遠のロックスター、中村達也氏の新バンド「JOY HEIGHTS」を見に代官山UNITへ。JOY~は、Drが中村達也、Gtがモーサムの百々(この人の顔と声は‘ロッカー’を目指して努力してそうなったソレではなくてナチュラルボーンなものだと思う)と、大友良英(我が永遠の青春映画『アイデン&ティティ』『カナリア』のサントラをプロデュースした人。ビジュアルと出す音のイメージが180度違う)、ベースがtatsu(聞いたことないけどレピッッシュのメンバー。追悼・上田現)の4人からなる、インスト(一部百々のシャウト含む)轟音スーパーバンド。っつうか形容する言葉が見当たらない。そもそも自分にとってはFRICTIONだろうが、布袋寅泰だろうが、相手が誰であろうと、「中村達也のドラムを肉眼で見ること・体感すること」それ自体が「ロック」であり、いや、それはちょっと違うな、あのドラムを通して、「あぁ、イマの(中村達也のドラムを見て興奮している)俺はまだ大丈夫だな(鈍ってないな)」っちゅうことを確認する、言わば健康診断みたいなもんで、定期的にそれを受けないと、どうにもこうにも何だか不安でしょうがなくなるわけで、今回も例によって全く異常なかった。一生俺は達也さんのドラムを見て、聞いて、感じ続けていきたいと切に思った。

で、そのJOY~の前に「GOMA&JUNGLE RHYTHM SECTION」というバンドのライブがあって、全く見も聞きもしたことなかったので、ああ、早く終わってJOY~の出番にならんかな、と思っていたら。
このGOMA~がとんでもなかった。ディジュリドゥという奇妙な音を出す民族楽器担当の「GOMA」氏とドラムやパーカッションのリズム楽器担当4名からなる5人編成で、歌どころか「メロディ」も無いと言ってもいいくらいなのに、リズムがメロディを超えて、とんでもないことになってた。正直JOY~も良かったけどそれ以上だった。また見たい。

またバンドをしたくなった。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-03-17 23:42 | MUSIC