ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

映画サービスデー

毎月1日の映画サービスデーが滅多にない休みの土曜日ともなれば、映画を1本も見に行かないことが何だか罪のようにも思えてきて、病み上がりで花粉症で鼻水もセキも止まらないのだけど、とりあえず渋谷へ行く。

で、なんとなく、時間が合った『ミスターロンリー』『奈緒子』を見た。

『ミスターロンリー』は、コアな映画ファンの支持がやけに高い(イメージがある)ハーモニー・コリンの久々の新作。でも個人的にはハーモニーコリン作品は初めて見るので特別な思い入れもなく。

が、「‘マイケル・ジャクソンとしてしか生きられない男’が、‘マリリン・モンローとしてしか生きられない女’に出会って恋に落ちて、そんで他にも‘他者としてしか生きられない’人々に出会って本当の自分を見つけ出す・・・」ってなハナシは、‘好みのタイプ’だし、前評判からいっても結構期待していたのだけど。

またしても上映中に眠ってしまった。

最近、『アメリカン・ギャングスター』とか、ルシネマでやってたルノワール特集とか、この『ミスターロンリー』とか、世間的に‘良い’とされてて、こちらとしても気合入れて見に行った映画に限って眠ってしまう。で、‘消化試合’のつもりで見た『Mrビーン』とか『団塊ボーイズ』に限って目がバッチリさえてるから困ったもんだ。

これは単に「眠くなる=退屈」ってことではなくて、むしろ、映画のレベルが高すぎて、ついていけずに脳みそが白旗をあげてしまってるだけなのではなかろうか、とか考えなくもないわけで、最近は悲しいかな「俺が寝てしまった映画=世間的には名作、高評価」というのも紛れも無い事実なわけで、そう考えると、見ようとしてもすぐにユメの中、を連日繰り返し、本日ようやくDVDで5日がかりで見終わった小津安二郎の『お早よう』はとんでもない名作、ということになるのでしょうか。

『奈緒子』の方は、上野樹里モノ、駅伝モノ、青春モノ、古厩監督モノ、とかいろいろ言い方はあるのだろうけれども、とりあえず眠らなかった。

それにしても古厩監督、過去3作(『まぶだち』『ロボコン』『さよならみどりちゃん』)はみんな傑作だと思うのだが、今回はいまいちパンチが足りなかった気がする。
そんなことよりも‘古厩’の読み方が数年越しで未だに分からない。いまも「ふるい」「うまや」って入力した。そんなもんウィキペディアで調べりゃ一発だとは思うけど、なんか味気ないので、自然に覚えられるまで放っておく。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-03-02 23:16 | MOVIE