ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

『陰日向に咲く』@新宿バルト9

原作は「芸人が書いた」ってのを抜きにしても、完成度が高かったと思うし、
もの凄く好きな作品だっただけに、映画化されたこちらもかなり期待。

というわけではなくて、逆に活字で読んだときの新鮮な驚きや感動は
無いだろうなあ、と思いながら映画『陰日向に咲く』を見にいく。

ある人にとっての些細な出来事が、同時にまた別の人にとっての大事件になっていたり、
誰かの幸せが、誰かの悲劇を呼んで、
ある物語にとっては主人公だった人物が、同時にまた別の物語では脇役になっていて、
最終的に「それでもみんな生きている」って思える、思わせてくれるのが、良くできた群像劇だと思う。そしてそんな映画が大好きだ。

そういう意味では、この映画版「陰日向に咲く」は‘群像っぷり’が、やっぱ弱い。

なんてことを言ってしまうのは、俺が16歳のときに「スモーク」を見て以来、
群像劇フェチみたいになってしまって、「ショートカッツ」や「パルプフィクション」や「マグノリア」や「どですかでん」が大好きな人間になってしまって、
そんな奴にとっては、そもそも『陰日向に咲く』は、満足度のハードルが高かったのかもしれない。
[PR]
by hotel_rwanda | 2008-01-28 06:53 | MOVIE