ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東京経済大へ(11月25日)

来る12月1日に、評論家で東京経済大学教授の粉川哲夫先生のご協力で、
『ホテル・ルワンダ』教室(粉川ゼミ特別企画)が、東京経済大学で行われます。
(くわしくはコチラを!是非ご参加ください!)

そのご挨拶、打ち合わせ、下見のために東京経済大学@国分寺へ。

粉川先生にまずはご挨拶を、と思ったのですが、あいにく到着したときには授業がはじまってしまっており。

授業が終わるまで、待つことに。
で、ちょうどそれが‘学生以外も聴講自由’の授業だったのですが。

先生の授業では外部からいろんな方を招いて、音楽や舞台を鑑賞するということが多々あるようなのですが、その日の‘ゲスト’が古澤栲さんという‘首吊りパフォーマンス’をされる方だったのです。

自分がその‘粉川教室’に入ったときはまさにその‘首吊りパフォーマンス’の真っ最中。
全く予備知識が無かったのでかなりビビリました。
20人ほどの学生に囲まれて、特別教室の天井からぶら下げられてロープで延々10分近く
首を吊られ続ける‘古澤さん’。

この方、御年は30代から40代くらいのいかにも‘表現者’という感じのおじさんなのですが、
あとから伺ったところによると、10年以上このパフォーマンスを続けていて、海外でも公演をするなど、一部ではかなり有名な方のようです。偶然とはいえ、ものすごいもんを見せてもらいました。

ということで、すっかり‘ホテ・ルワ’どころじゃなくなってしまって、更には学生と共に‘首吊りパフォーマンスを見た感想’まで発表するハメになってしまって、それはそれでおもしろかったのですが。

で、ようやく授業が終わり。

いざ粉川先生の元へ。

前日にこの企画を発案してくださって‘ルワ会’のチラシのイラストも手がけてくださっている 
5*SEASONさんが先生に挨拶してくださっていたおかげで、先生も快く応じてくださりました。

12月1日、なんとか成功させたいものです。

粉川先生、今回の企画の話があるまでどんな方なのか存じ上げなかったのですが、聞くところによると、様々な伝説をお持ちの方で評論家としても大変優れた方とのこと。

が、お会いした限りでは、そういった雰囲気よりも‘素敵なおじさま’という感じで、大変ホッとしました。
[PR]
by hotel_rwanda | 2005-11-26 11:57 | 『ホテル・ルワンダ』活動日誌