ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

The Birthday@Zepp Tokyo

Zepp TokyoにThe Birthdayのライブを観にいった。
開演前、後ろのほうから聞こえてきた会話。

「ブランキーが解散したのってオレが小6のときだった。」
「ミッシェルの解散は高校生のときだった。」

この会話をしていた学生らしき‘彼等’は20歳くらいと思われる。
オレがハタチの頃は、ブランキーもミッシェルもまだ健在だった。当時のブランキーやミッシェルの‘カッコ良さ’を説明するのに言葉は必要無かった。↑の会話を交わしていた彼等にとっては、まさに‘THE BIRTHDAY’こそが、問答無用でカッコイイ「ロックバンド」なんだろう。

てなことを、開場してから開演してまでの十数分間考えていたのだけど、いざライブが始まってしまうと、んなことは全くどうでもよくなった。今のThe Birthdayは、かつてブランキーやミッシェルの音楽を夢中になって聞いていた30歳の俺からしても、すさまじくカッコ良かった。The Birthdayのライブは4~5回は観ているが、こんな感覚になったのは初めて。アルバムを3枚出して、遂に「型」みたいなもんができあがったのかもしれない。「曲のイントロ部分で曲名をシャウトするチバユウスケ」がミッシェル時代から好きだったのだけど、今回のライブはそういう場面が多かったのが嬉しかった。

それにしても20歳の頃は、30歳になったときに、ライブハウスの最前列付近で汗まみれになって音楽を聞いている自分の姿なんて想像もしなかった。‘ダイブしている人の踵が自分の頭を直撃’というスタンディングの会場での‘お約束’も久々に体験した。懐かしい気分だった。

で、更に10年後、40歳。やっぱり、40歳の自分が‘そんなこと’をしているかどうかは、今は想像できないけれど、同じように、チバユウスケが10年後にも何かしらのバンドをやっていて、それを「カッコイイ」と思える自分でありたいと思った。んで、やっぱりライブハウスの前の方で、汗だくになりながらその音楽を聞いていたい。

ちなみに、気になって調べてみたら、今現在、チバユウスケがちょうど40歳だった。
つーことは、10年前、20歳の頃のオレが見ていた‘ミッシェルのチバ’は30歳ということになる。なんだか不思議な気分。

細かいライブレポートは例によってコチラ参照。
[PR]
by hotel_rwanda | 2009-04-08 01:04 | MUSIC