ミズキユウタ30歳による、映画や音楽やお笑い芸人やその他イロイロについて思ったことと&何気ない日常を綴るブログです。


by hotel_rwanda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

第三部

全国300万人の、もとい、3人くらいのミズキユウタのブログ読者の皆さん、ごぶさたしてます。なんとなく変化のきっかけが欲しいなあと思う今日この頃でしてブログを復活させてみようと思います。

心機一転、livedoorのブログに変えてみました。
http://blog.livedoor.jp/lifelikefilm/

といいつつ直ぐにまたやめるかもしれんけどね。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2010-05-30 20:00 | DAYS

第二部、終了

わざわざ、いちいち、宣言するほどのもんでもないとは思いますが、
当面の間、ブログ書くのをやめることにしました。

ひょっとすると1週間後くらいに何事もなかったかのように更新してるかもしれないし、1カ月後かもしれないし、1年後かもしれないし、そこらへんは自分でもよく分りませんが、このブログでミズキユウタの近況をなんとなく気にしてくれていた方々、今までありがとうございました。

ちなみに別に何かネガティブな理由があるわけではありません(どっちかっつうと逆)なので、ご心配なく。ではでは。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-07-12 22:51 | DAYS
新宿ピカデリーに「剣岳」を見に行ったらそもそも上映していなかったので、代わりに「おと・な・り」を見た。岡田准一と麻生久美子が出ている、アパートのお隣さん同士が、相手の姿を見たことが無いのにお互いの「生活音」をきっかけに恋に落ちる、という有り得ない設定の物語。
なので、そこで「んなことありえへんやろ!」と思ってしまうか、それとも「んなことがあったらエエなあ」と思うかで、この映画への評価は変わるかと思う。自分の場合は途中まではずっと前者だったのだが土壇場で後者になった。俺の真横に座った20代中盤と思われるカップルがお互いに敬語で会話しているのが、上映開始まで凄く気になった。一体この人たちはどんな関係なんだろうか。

【何の接点も無いように見える30歳の男性と女性が主人公で、それぞれが孤独を抱えながらも日々を不器用に生きていく様子が交互に描かれ、物語が進むにつれて、運命的にその男女が繋がっていることが明かされる…】

「おと・な・り」を説明するならそんなところだと思うが、これはそっくりそのまま村上春樹の「1Q84」にもあてはまる。ということに「おと・な・り」を半分くらいまで見て気付いた。ちなみに「1Q84」は「BOOK2」の残り3分の1くらいまで読んだ。いよいよクライマックス。

それにしてもどこもかしこも「1Q84」だ。特に電車の中。車両に最低一人は「1Q84」を読んでいる人がいる。何せ自分も読んでいる真っ最中だから、カバーをつけていても分かる。カバーとハードカバーの隙間の装丁の色とか、ページの隅っこにチラっと見える「青豆」「天吾」という文字で。昨日なんか両隣&目の前の吊り輪に捕まった人、3人の「1Q84」読者に囲まれた。禿げたオッサン、OL、フリーター。

最近見た映画。

「マン・オン・ワイヤー」 
ワールド・トレード・センターを頂点として、世界各地で‘綱渡り’をすることに文字通り命をかけた男(とその仲間)の物語。事実に基づいたドキュメンタリー。前半ウトウトしたが、後半はスクリーンに釘付け。
「何故そんな狂ったことをするのか?」の問いに答える主人公のセリフに、涙腺が少し緩んだ。マイケル・ナイマンの音楽が例によって素晴らしく、「マイケル・ナイマンの音楽×無謀な夢に挑む男の物語」として「ガタカ」を思い出した。

「レスラー」
大傑作まではいかないが、傑作。それにしても未だに謎なのは「王様のブランチ」でLiLiCoが生放送中にこの映画を泣きながら激賞して紹介していたこと。確かに素晴らしい作品だと思うのだけど、何がそんなに彼女の心を打ったのだろうか。

このあいだのテレビブロスの特集記事「ああ気持ち悪い!他人のブログ」は素晴らしかった。そしてそれにつられて「ウェブはバカと暇人のもの」という本を買って、読み始めた。

で、もうブログやめようかなあ、と思った。
が、思い直して、もう少しだけ書いてみることにしました。

そんなこんなで2009年後半戦、よろしくお願いします。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-07-05 23:32 | MOVIE

ありあまる富

公私共に何だか切ない、やりきれない出来事が続き、二か月半振りに煙草を自分で買って吸ってしまった。男女交際同様に、禁煙も「三日、三週間、三か月」が鬼門だ。

宮本輝の「流転の海」を読んだ。すげえ面白かった。

その「流転の海」を読んだきっかけは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』の取材で中村監督がオススメ本として挙げていたからで、その中村監督の最新作『ゴールデンスランバー』をまたまた宣伝担当させて頂くことになった。現在オール仙台ロケで撮影中。というわけで、最近は週1ペースで仙台に通っている。仙台に行くと、学生時代に東京から札幌までチャリで行ったときに、仙台駅で野宿したことを思い出す。

ようやく「流転の海」を読み終わったので、ようやく村上春樹の「1Q84」にとりかかる。とりあえず「book1」まで読んだ。さすが、新しいようで集大成のようで、とりあえず理屈抜きでとにかく面白い。個人的には39ページの16行目~18行目の言葉だけで、定価の1800円の2倍くらいの価値と意味があった。


椎名林檎の‘椎名林檎名義で6年ぶりのアルバム’「三文ゴシップ」が遂に発売された。のだけど、ようやく今日買ったのでまだ全然聞けていない。で最近は、先行シングル(のようだけどアルバム未収録の)「ありあまる冨」ばっかり聞いている。

ソロ椎名林檎といえば「幸福論」「歌舞伎町の女王」「ここでキスして」「本能」「ギブス」など代表曲は全部そうだが、ひたすら歌詞中で「アタシ(わたし)」が連呼されていたのだけども、「ありあまる冨」には歌詞に「アタシ」も「私」も「僕」も一切無い。「僕ら」という言葉は数回登場するが、「アタシ」や「僕」の代わりに、何度も「君」という言葉が繰り返されている。
30歳になるっつうのはそういうことなのかなあ、と同い年として、デビューから追っかけ続けている身として、しみじみ思う。

なんてことを思いながら歌舞伎町の近くを歩いていたら、数年前にすげえ好きだった子と、数年振りにすれ違った。なんつうか「大人な女性メイク」をしていて、ちょっとびっくりした。が、自分が30歳っつうことは、向こうもそれ相応の年齢なんだもんなあ、とやっぱりしみじみした。

話は戻りますが「三文ゴシップ」には「労働者」という曲が収録されているのだけど、この歌詞には30歳の社会人男女なら聞き流せない言葉の数々があると思います。

明日も仙台。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-06-27 00:40 | MUSIC

失われた週末

久々に歌舞伎町に行ったら新宿ジョイシネマがつぶれていた。愕然とした。
ようやくパソコンを買ったのでi-podのデータを移し替えようとしたら数百曲分のデータが全部消えてしまった。またまた愕然とした。「取り返しのつかない過ち」をしてしまった気分。数時間前の出来事だがまだ立ち直れていない。

この週末は仕事をしているんだか休みなんだかよく分らない2日間だった。

二か月前に「クローズZERO2」の前売りを買ったはいいものの未だに見に行っていなくて、ホントは「マン・オン・ワイヤー」か「おとなり」か「レスラー」のほうが見たかったのだけど、今日を逃すと前売り券が無駄になるので、テンション低めで「クローズZERO2」を見に行った。そしたら前売り券が無くても「TOHOシネマズサービスデー」とかで1000円均一だったらしく、さらにテンションが低くなった。

映画の方はというと、三浦春馬が凄くカッコよかった。30歳のオトコからみてもそう思ってしまうのだから、30歳の女性からしたらいったいどんな感覚になるのだろう、と思った。
そして帰り道、堀北真希(の駅にあるドコモの看板)を見てその可愛さに目を奪われ、ああ、(30オンナが三浦春馬を見て思うのは)こんな感覚に近いのかもしれんなあ、と思った。

そんなこんなで何だか煮え切らない週末でした。
今週は先週よりもイイ一週間でありますように。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-06-14 22:01

7年振りに

前回の日記を書いた数日後、YOSHIKIの自伝「YOSHIKI/佳樹」が発売された。
更にその数日後、同じ週に村上春樹の久々の新作「1Q84」が発売された。
これは自分にとっては「盆と正月が同時に来た」くらいに凄いことだった。
が、あれから2週間を経て、両方とも買ったけどまだ1ページも読んでいない。
それ以前に、GW明けくらいから読み始めている宮本輝の「流転の海」が読み終わっていない。というか、ここんところそもそも本をゆっくり読む時間自体が無かった。

とりあえずこの二ヶ月ほど1日も休みが無く働いているのは事実。でもそれを忙しいとは言わない。なぜならブログで忙しさをアピールするのほどダサいことはないので。(ってこう書いている時点で、そう言っちゃってることになるのかな。)

ある日、偶然見たテレビのトーク番組で瑛太が「この2年間休みが無い」と言っていた。(‘忙しい’とは言ってなかった。)‘打倒瑛太’を掲げる僕なので、二ヶ月休みが無いくらいたいしたことないぜ!と思っていたら、その数日後、瑛太さんが過労で倒れられました。
倒れない程度にがんばろうと思う。

前回の日記で書いた映画「ハゲタカ」ですが、おかげさまでこのあいだの土曜日から公開され、宣伝担当者として恥ずかしくない程度のヒットになりそうです。見に行ってくれた方、ありがとう。
ちなみに「水木雄太宣伝作品最新作!」は「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」という作品です。なんとなくミズキユウタの仕事模様を気にかけてくれている友人・知人たち、こちらもどうぞ宜しくです。

ここんところ、推測や妄想や不安ではなく、事実としてこのブログを我が肉親や仕事関係者が読んでいることを証明する発言が幾つか目撃されています。
それはそれで動揺は隠せない自分ですが、ここはひとつ「肉を切らせて骨を・・・」というか、「ええい、どうせならオールオアナッシングだ!」というか、逆転の発想でこのブログの存在を知らなかった会社の同僚、仕事関係の何人かに敢えて更に「ブログやってます!見てね!」と言ってみました。
やっぱこうやって「ブログ」っていう場で書いている以上は、肉親だろうが会社の人だろうが、一人でも多くの人に読んでもらいたくて書いているのでね。
「ブログ書いていることを秘密にしたい」「特定の人にだけにしかブログやってることを言わない」なんて人はミクシィやるか、テメエの日記帳に書けばいいのに、と思う。

なんてエラそうなことを言っている自分ですが、
そうはいってもアノことや例の件についてはミクシィに書いていこうと思う次第です。

話は変わりますが、
エレファントカシマシ「昇れる太陽」、曽我部恵一BAND「ハピネス!」
ともに相当に期待はしていたけれど、その期待以上に素晴らしい。

各々の前作「STARTING OVER」「キラキラ!」も、
新鮮さと興奮が未だに消えないまま今も聞いているだけに、「もうちょっと待ってよ」というのが正直なところだが、そうはいってもソカバンの「永い夜」などを聞くと、
ほんとにもう、まだまだ音楽は、ロックは、人生は、捨てたもんじゃないなあ、
と思って、また明日もがんばろうという気になる。
久々に曲を聴いて泣いた。

このアルバム2枚で、当分CDは買わなくて良さそうだ。
と思ったのもつかの間、昨日はくるりの「魂のゆくえ」を買った。そして近々今度は椎名林檎の新作が出る。

今日は今年初めて定時に仕事を終えて、早々に帰宅。
昨日ついに7年振りに新しいパソコンを買ったのでセッティングをするつもりだったのだけど、「まずその前に部屋の片づけを!」と思って片付けを始めたら、それだけで数時間過ぎてしまいました。
なので今日はセッティングは諦めた。

そしてPCセッティングの代わりに、同僚に借りた漫画「ソラニン」を読んだ。
これまた泣いた。人間疲れが溜まると涙腺がゆるくなりますね。
やっぱバンドがしたいなあ、と思った。

「バンドがしたい」と思いながらバンドができないことよりも、
いつか「バンドがしたい」という気持ち自体が消えてしまうことのほうが、悲しいし、怖い。「いつか映画撮りたい」「いつか小説書きたい」「いつか結婚したい」も、然り。

バンドといえば、このあいだ信じられない人から「バンドやろうぜ」と誘われた。
それが酒の場の冗談にせよ、実現の可能性が低いにせよ、
あの瞬間だけでこの先しばらく生きていけるなあ、と思った。

というわけで、7年間付き合ったパソコンで書く日記は多分これが最後。
そういえば村上春樹の新作も7年振り。そんな些細なことにも‘意味’を感じる、感じたいのが村上ファン。(‘ハルキスト’とは言いたくない。)

追伸 妹よ、誕生日おめでとう。
先日「誕生日にバースデーメールを携帯で送るの反対運動」の会長に就任してしまったので、メールできませんでした。なので代わりにココで言っておきます。おめでとう。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-06-11 00:03 | DAYS

ハゲタカ

好きなミュージシャンとかアイドルとかが滅多に更新しないブログをひっさびさにアップして、一瞬「おお!」と歓喜したのはいいものの、それが単なる告知とか宣伝のインフォーションだと気づいて、とても残念な気持ちになる・・・

というような気分は多くの方が味わったことがあるかと思います。

と、「言い訳」&「前置き」を踏まえ、
ただいまミズキユウタは6月6日より公開となる『ハゲタカ』という映画の宣伝のオシゴトをやっています。

映画の宣伝マンというのは、内容が非常に多岐にわたる所謂「なんでも屋」なので、
なかには「やっつけ仕事」もあれば「やりがい仕事」もあり、「やらされ仕事」もあれば「逆にこっちがお金払ってでもやりたい仕事」もあり、「誰かのためにやる仕事」もあれば「ただ自分のためだけにやる仕事」もあり、「くだらん仕事」もあれば「超おもしれー仕事」もある、
そんなグチャグチャな任務です。

で、『ハゲタカ』の宣伝に伴い、TBSの深夜番組で「私の10のルール」というドキュメンタリー番組で映画の主演の大森南朋さんに密着する、という企画を番組のディレクターさんと相談しながらやりまして、その模様が今度の火曜日深夜にオンエアとなります。
映画の宣伝といっても、上に書いたようにイロイロあるのだけど、この「10のルール」は、とても「やりがい仕事」であり自分にとってここ数ヶ月の仕事の中で一番「思い入れのある仕事」になりました。

なもんで、あさって5月26日24時半から放送なので、その時間ご在宅の方は見てもらえるとうれしいです。
ミズキもチラっと写っているかもしれません。

そんでもって映画に興味を持ってもらえたら「ハゲタカ」の方も見てもらえると更にうれしいです。



と、ここまで読んだ方は、本日のブログの最初の一文を最後にもう一回読むように。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-05-24 21:59 | MOVIE

8年目の悲劇

パソコンがぶっ壊れた。

で、「電源が入らず、ウィンドウズが立ち上がらない」という状況から脱するために、「パソコンを買ったときの状態にする」という最後の手段に訴え、結果、電源こそ入ってこうしてネットにつながる環境までには回復したのだけど、ありとあらゆるデータが消えた。

学生時代からチョビチョビ書き続けていた未完の「半自伝的青春大河小説」の原稿も、これまた何となくチョビチョビ保存しているうちに結構な数になっていた磯山さやかと川村ゆきえのセクシー画像も、「ホテル・ルワンダ」署名運動~日本公開までの苦闘の歴史である大量のメールのやり取りも、5年位前に一部の友人に向けて送りつけていた「水木雄太セキララ映画日記」のデータも、ぜ~んぶ消えた。

これは相当ショッキングなことだったが、30歳にもなったことだし、いろんなことを「ゼロからやり直す」という意味では、かえって良かったのかもしれない。

とはいえ、
いま現在もパソコンが完全復帰したわけではなく、何故か音が出ない。
ミクシィにログインしてもバグッたような画面になる。
i-tunesが凄く古いバージョンになってしまって、今のi-podと接続できない。
「WORD」と「EXCEL」が行方不明。
「outlook」のメールもデスクトップから消えて、どこから繋げばよいのかわからない。

などなど壊滅的状態。

いい加減PC買い換えろ、ってことなのか。

とも思うのだけど、のんびりビッグカメラ行って新しいPC探したり、買ったとしてもセッティングしている余裕が無い。困ったもんです。


そういえば、知らぬ間にこんなところに自分が映っていました。
そんなわけで、公開日の6月6日までは慌しい日々が続きます。

でも数年前に公約として(自分自身に)掲げた「働いた分だけ遊ぶ」というマニフェストは忘れていません。
なので、友人・知人の皆様、なんか面白いことあったら誘ってください。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-05-17 23:50 | DAYS

衝撃×3

「5連休」だった人にとっては、ゴールデンウィークのど真ん中。
「10連休」以上だった人にはGW終盤戦。
そんな5月4日(月)、午後3時半、会社でコレを書いてます。
おとといから家のパソコンの調子が悪くて電源が入らなくなったので、ブログを書くために会社に来ました。

というのはウソで、今日も「いつもの月曜日」と同じように、朝9時に出社。
人もまばらなオフィスで、朝からダラダラと仕事をしています。
そんなわけで、例年通りに全然「ゴールデン」じゃないウィークが過ぎようとしていますが、衝撃的なことが3つありました。仕事の合間ではありますが家に帰ってもパソコン使えないので、今のうちに順を追って書いていこうと思います。

チェイサー
実話を元に韓国で大ヒットしたサスペンス。デリヘルの元締めをしている主人公(元刑事)と、連続殺人鬼の攻防を描く、タイトル通りの「追跡劇」。ストーリー自体は目新しいものではないのに、役者と演出の凄まじいテンションで、1秒たりともスクリーンから目が離せない。と同時に、随所に映画館から出て行きたくなるような恐ろしさもあり。とにかく衝撃。久しぶりにパンフレットを買ってしまった。「‘映画’が好き」な人は絶対見るべき1本だと思う。公式サイトに寄せられた錚々たる顔ぶれのコメントが何よりもこの映画の凄さを物語っている。見終わったあと映画館を出て、新宿歌舞伎町の景色がいつもと違って見えた。そんな気分になるのも久々。


グラン・トリノ
「宗教or国籍or文化の壁を越えて、血縁関係の無いアカの他人であった老人と少年が、衝突を繰り返しながらも、やがて心を通わせる感動のドラマ」
というプロットで説明できる映画は、これまで製作されたもの、これから製作されるであろうものも含めて数百本はあると思う。そしてそのジャンルの頂点に立つのがこの「グラン・トリノ」であり、というかジャンルを問わず、今年のナンバー1は当確。去年の洋画マイベストであった「ノーカントリー」よりも良かったので、この2年間のトップ1ということになります。何がそんなに良かったのか、と問われたならば「イーストウッドが素晴らし過ぎる」としか言いようがない。役者としても監督しても。映画を見てこんなに泣くことができるとはね。上映期間中は毎日でも見たい。

プロットだけを考えれば「スラムドッグ$ミリオネア」の方が面白いのだろうけど、ストーリーだけ注目すればありきたりな「チェイサー」と「グラン・トリノ」の方が見応えは数倍あった。だから映画は面白い。

「5月2日」
1998年5月2日にhideが死んで以来、毎年5月2日は追悼の意味を込めてhideの曲を聞いている。そして早いもんで11年が経った。で、今年も「5月2日」が終わろうとしていたそのとき、衝撃的なニュースを知った。清志郎が死んだ。むっちゃくちゃファン、というわけでも無かったのに、むっちゃくちゃ悲しい。「忌野清志郎、死去」というニュースを見ても実感が無い。何度か夏フェスで見た清志郎のステージは、本当に素晴らしかった。一度でもワンマンライブに行っておくべきだった。
彼の曲は代表曲くらいしか知らないけれど、ここ数年の「がん告白」と「がん再発」の際のメッセージは今でも鮮明に覚えている。(確認しようと思って公式サイトを見ようと思ったが、アクセス殺到なのか繋がらない。)
「こんぐらいのことは予想していた」「全然ヘコんでないから」「ブルースはまだまだ続いているというわけだ」「もう一度言おう、夢を忘れずに」などなど。

友達にも何人かいるけれど清志郎の熱狂的なファン(特に女の子)は、真っ直ぐで、優しくて、熱いヤツらが多い。それはつまり清志郎がそういう人だったということなのでしょう。

以上、休日出勤の仕事の合間に書く日記、終わり。
さあ、仕事だ。

追伸。
誰か「パソコンの電源を入れてもウィンドウズが立ち上がらない」ときの対処法ご存知の方、教えてください。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-05-04 16:15 | MOVIE
こんなに仕事の空きがあるってのはいいもんだな、とおれは思った。でも同時に心配もした―――きっとおれたち、なんか競争をさせられるんだ。適者生存だ。アメリカにはいつも、職探しをする人々がいる。使える体は、いつでも、いくらでもいる。そしておれは作家になりたいんだ。ほとんどすべての人間は作家だ。歯医者や自動車の修理工になれるだろうなんて、全員が思いやしない。でも、自分は作家になれるとはみんな知っている。この部屋の五十人の男のなかでたぶん十五人が、おれは作家だと思ってることだろう。ほとんどすべての人間が言葉を使い、それを紙に書くことができる。つまり、ほぼ全員が作家になれるってわけだ。しかし幸運なことに、ほとんどの人間は、不幸なことに何者でもない。
(以上、チャールズ・ブコウスキー「勝手に生きろ!」より抜粋)

っつうことで、2年前の夏に『酔いどれ詩人になるまえに』という映画が公開されたときに買った、その映画の原作「勝手に生きろ!」を、いまさら読みました。

買ったはいいものの、読まずにホッタラカシで行方不明になってたその文庫本が、たまたま去年の秋の引っ越しの拍子に出てきて、「これは読まねば」と思って通勤用のカバンに入れながら、その間「ゴールデンスランバー」読んだり「漫画ブーム」が訪れたりして、またしてもホッタラカシになっていたのだけど、一ヶ月くらい前からチョビチョビ読み始めて、ようやく読了。

物語全体が全部で90個ぐらいの短いパートに分かれているので、通勤中のちょっとした時間に読むのに凄く合っていた。そして何よりも、「社会」「労働」に対して馴染むことができずに職を転々とする20才の作家志望の酒呑みが主人公、っつうのが満員電車に揺られて会社を行き来するシチュエーションで読むのに何よりもハマる。

それにしてもミクシィと違ってブログだと青臭いことをダラダラと垂れ流して書いてしまうのはナゼでしょうね。
[PR]
# by hotel_rwanda | 2009-04-29 22:37 | BOOKS